Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの特徴(メリット・デメリット)~登録からの流れ・服装・確定申告方法

意外と知られていない
Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの特徴(メリット・デメリット)
登録からの流れ・報酬・服装・確定申告方法
をまとめました!

【公式HP】
https://www.uber.com/

View this post on Instagram

 

名古屋派遣会社🌱REBIUS(レビウス)さん(@rebius_company)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

event2276さん(@event2276)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

美舞さん(@mibuki__.39)がシェアした投稿

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは
自由な働き方ができる海外発祥の超効率化された仕事です。

・暇な時間で稼ぎたい
・超短時間だけ働きたい
・人間関係に悩みたくない
・適度に運動しながら働きたい

男女問わず
このような方に選ばれています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの特徴

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは
会員になった一般の人が自分のやりたい時にいつでもどこでもデリバリーの仕事をすることができる。
従業員という位置づけではなく、あくまでアプリ利用者なので、平等な扱いであり非常に気楽です。

配達パートナーになると一件の配達につき700円~の報酬が支給され、慣れてくると、都心エリアでは1日働いて10000円以上稼ぐ配達パートナーも多いようです(※報酬は、時間、地域、プロモーションによって異なります)

しかし、利用者の評価が直接個人に響いてくるため、評価が悪いと利用を停止される場合もあります。
現在は主に東京などの大都市圏での利用が主である。

東京、大阪、横浜、埼玉、川崎、名古屋・福岡などの大都市圏に住んでいれば誰でも気軽に始めることができる。
登録地域は拡大中。

副業として登録しておく人が急増しています。

特に主婦の登録が伸びています。

【メリット】
・自由な時間で働くことができる。
・一件の配達で報酬が発生するので配達した分だけお金を稼げる(週払い)。
・バイトと違い配達パートナーという平等な関係。雇われる・辞めるなどの雇用関係・人間関係の煩わしさがない。シフトの強要などもないため、平日は仕事をしている人も気軽に副業として利用する事ができる。
・最低限、自転車さえあればいつでも始めることができる
・ピークの時間には利用者が増えるので、1時間で4〜5件の配達も可能。都心エリアでは時給3000円を超える配達パートナーも多いようです(※報酬は、時間、地域、プロモーションによって異なります)

【デメリット】
・仕事を自分で取らなくてはいけないため、注文がないと収入はゼロ。
・「料理が冷めていた」「届けにくるまでに時間がかかりすぎている」などのクレームは自分の責任。評価にも直接響き、評価があまりにも悪いとUber Eats(ウーバーイーツ)に利用を停止される場合もある。
・体力勝負。長距離の配達にも耐えられないと満足に稼ぐことができない。また、雨が降ると路面状況も悪くなり、仕事が難しくなる。

>>Uber Eats(ウーバーイーツ)の登録HPを見てみる

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの登録からの流れ

①Uber Eats(ウーバーイーツ)アカウントを作成します。その後、免許証などの身分確認や報酬の振込先などの必要事項をアップロードします。(承認まで二週間ほどかかります。気長に待ちましょう。)
その後、Uber Eats(ウーバーイーツ)のパートナーセンターへ行って本登録をしてようやくお仕事を始めることができます。

②Uberdriverアプリをインストールします。
(こちらでチュートリアルを見ることができます。)

③googleアプリなどをダウンロードしておくと良いでしょう。自転車を持っていない方はレンタル自転車のアプリのダウンロード、もしくは自分で自転車を購入しても良いでしょう。(バイクがある方は、バイクでも可。しかし、ガソリン代を考えると自転車がベターでしょう)

④配達対象エリア内で待機します。通知を受け取ったらレストランにて料理を受け取りましょう。

⑤自転車で注文した人の所へ料理を届けに行きます。

⑥配達を完了したらアプリで完了操作をします。これで報酬が発生します。後はひたすら④〜⑥を繰り返します。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの服装

料理を入れる保温リュックを除けば私服でOK。
しかし、清潔感のあるジャージなどがいいでしょう。

また、雨が降った際にはカッパかウインドブレーカーがあると便利です。

地図アプリはスマホの充電をかなり使うため、モバイルバッテリーを持ち歩く必要があります。

自転車の移動の場合、飲み物も持ち歩いた方がいいでしょう。
夏場に自転車を漕ぐともちろん暑いですし、汗もかくことになります。

汗まみれで利用者に料理を届けるのはやはりいい印象を与えません。

キャップなどを着用して、タオルなどで汗はこまめに拭きましょう。
また、冬場は手袋が必須です。自転車を漕いで暑くなると思いきや、末梢神経系は凍るような思いです。

防寒対策はしてもしすぎることはありません。ヒートテックなどもおすすめです。

また、一日中働こう!と意気込んでいる方は是非、本やゲームなどを持っておくといいでしょう。

料理のデリバリーが多いので、14〜17時にかけては注文が激減します。

その時間にただ注文を待ち続けるのも辛いので、暇を潰せるものを用意しておくといいでしょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの待ち時間にWEBライターの仕事をやると効率よく稼げます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーを女性がする場合は?

支払いはウェブで完結するので、女性だからと現金を強奪されたりすることはありませんが、それでもそう行った利用者に気をつけるべきです。
また、夜の配達中は不審者に気をつけましょう。

女性の登録は問題なく可能です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーを副業で行う際の確定申告方法

配達パートナーはUber Eats(ウーバーイーツ)に雇われているわけではなく、あくまでもUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーアプリの利用者という形になっています。

報酬は税金で引かれることはありません。

しかし、稼いでいるのに確定申告を行わない場合、税務調査官が家にやってくるリスクもあります。

確定申告を行う場合、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーでの報酬から経費を引いた金額に加え、本業などでの収入をプラスして申告する事になります。

この辺りは非常に曖昧な点ですので、詳しい話は登録してからUber Eats(ウーバーイーツ)のパートナーセンターにて詳細を聞くといいでしょう。

とても良く教えてくれますよ。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集