美容師免許資格の取り方!21歳女性が必要な道具・費用・勉強方法・失敗しないコツを伝授!

美容師免許資格を取得した年齢・選んだ魅力(理由)・勉強内容・取得まで流れ

21歳 主婦 美容師免許

美容系の仕事をしたくて、でも特にその中で何がしたいというものがなかったのでとりあえず国家資格があれば
いろいろなことに挑戦できるとおもいました。

だから美容の専門学校に行き美容師免許を獲得しました。

いまは美容業界も結構厳しくてまつ毛エクステも資格があるようになり幅広い場面で美容師免許が役立つとおもいました。

高校生の時は食の勉強をしていたので毎日何か料理をしていましたがわたしは料理をすることは趣味であって

実際に自分がやりたいこととゆうのは美容に興味があったのでそっちだとおもいました。

 

美容にもジャンルがたくさんありどれも勉強してみたいとおもいました。

美容系の学校だとオシャレや見た目、メイクなどにも気を使うのでとてもたのしかったです。
自分から流行や個性的なものなどを学んでいくのでやりがいがありました。

<スポンサーリンク>

でも、いま美容院やネイルサロンなどたくさんありすぎて資格をとってもそのあとが大変だときいていました。

学生生活で勉強して受けた美容師免許もそれがゴールではなく、いざ美容院に就職したらまたそこがスタートで
1からの勉強でした。朝も早くて、夜は練習でおそく休憩も短くて立ち仕事で足腰が大変でした。

お給料も労働時間の割にはぜんぜん良くなくて
それでも見た目を綺麗にしていないとみられる仕事でもあったので服などにもお金がかかりアシスタントの時代はほんとに大変だとおもいました。

休みはお店が休みのときくらいしかないのでちょっとブラックだとおもいました。

美容師免許資格取得に必要な道具、費用(補助金)

美容師免許を取得するには学科を何時間受けてと決まりがあるので通信制や昼間制、夜間などで絶対に学科の勉強をしなくてはいけません。

実技の試験もあります。

実技はカットとウェーブかワインディングのどちらかでそれも試験2ヶ月前くらいに発表になるので両方練習しておかないといけません。

カットだとハサミから揃えて、切らないと練習にならないのでウィッグがたくさん必要です。

ウィッグは練習用だと髪の毛が少なめのものがありそれでも一体4000円ほどです。

 

本番に使うものと同じやつだともう少し高くなります。

一度切ってしまえば終わりなので長めに規定の切り方をしてそのあと一センチずつ短くしていくとゆう練習をウィッグ削減のためにやっていました。

ウェーブだとウェーブ専用のウィッグが5000円ほどで
その作業をするのに必要なローションやコーム、ピンなどがあります。

 

ワインディングだと専用のウィッグとコーム、ロッド、ペーパーなどが必要です。

ウェーブもワインディングも練習するのに ローションやペーパーなどは消耗品なのでたくさん必要でした。

 

昼間の過程で学校に通って2年間で学費は200万ほどでした。それ以外でも消耗品や下手くそだとウィッグを追加で買ったりするのでもっとでした。

美容師免許資格を取得して感じたメリット

専門学校に通うことで
まつ毛エクステ、ネイル、エステ、着付け、メイク、カラーコーディネーターの検定もうけることができました。

そのすべての勉強をすることでいまの美容界でのトータルビューティーにも適応することができるとおもいます。

たくさんいろいろなことを勉強していたので
1からの勉強よりも一歩先に行けていたしとても良かったです。

<スポンサーリンク>

ネイルや着付けは普段からお祭りの時に友達を着付けしてあげたりとかができたのでとてもよかったです。

就職したところがマツエク、ネイル、エステ、着付けがあるところだったので勉強していたし検定も受けていたのでゼロからではなくとてもよかったです。

実際にお互いにやりあう実技がほとんどだったので
お客さんにできるようになるのもとてもはやかったです。

あまり得意じゃなくてもその資格があれば就職に有利だったりすることもあるとおもうのでたくさん資格はうけていたほうがいいなとおもいました。学校でうけたものがすべてうかっていたのでよかったです。

美容師免許資格取得の勉強を始めて失敗した事・注意点

わたしは実技はふつうにやることができたけど
学科の勉強がとてもきらいで学校にいっても全く話を聞かずに寝ていることがほとんどでした。

そのため年に2回ある期末テストでは赤点をたくさんとっていました。赤点をとるとその追試をするのにお金がかかり一教科に1000円払うとゆう無駄なことをなんかいもしてしまっていました。

授業をちゃんときいていれば点数がとれるのに
それができなくて毎回お金をはらっていました。

専門学校の授業は専門的な学科しかないので高校生の時とは違い点数は取りやすいしわかりやすいので
授業の話をきくことはとても大切だと思うのであまり寝たりするのは良くないとおもいます。

最終的な国家試験も学科があるのでテストで出ていたところなどは試験の前に勉強しなくてはいけなくなるので
毎日コツコツ勉強していくことが大切だとおもいました。

通信制や夜間でこの勉強をする人は昼間のわたしよりも授業数は少ないと思うので一回一回の授業がとても大切だとおもいます。眠たいかもしれないけどしっかり勉強することがあとあと後悔をしないとおもいます。

問題を解くのも答えを移すだけだと頭には全然入ってこないのでわからないところはしっかりしらべて勉強することが大切だとおもいます。

これから美容師免許資格取得を目指す人におすすめな勉強方法(スムーズな取り方)

実技はひたすら練習することが1番だとおもいます。

国家試験の2ヶ月前くらいにしか発表されないけど
両方ともコツコツ練習していったらいいとおもいます。

国家試験は時間に入らないと見てももらえないので
実技は時間内に綺麗に規定にそってやることが第1です。

焦ると物を落としてしまい消毒をしないと行けなくなったりするので深呼吸をして自信をもってやることが大切だとおもいます。

 

そのためには自分の実技に自信がないとできないと思うので自分がこれで大丈夫だと思えるまでたくさん練習してください。

目立った行動は審査員の目につくので絶対にだめです。

学科の試験はひっかけ問題が最近多いと思うので
緊張してしまうとそのひっかけに引っかかってしまうことがあると思うのでしっかりと問題を読んで落ち着いて受けるといいとおもいます。

学科は勉強したらした分だけ点数に出ると思うので
諦めずに勉強したらいいとおもいます。

隣との席が近いのでカンニングもできると聞くけど
それで間違った答えを書いていたらほんとにもったいないので絶対に自分で自信持って望めるといいとおもいます。

 

過去の問題をひたすら解き続けるのは効果があるとおもいます。同じような問題がでるので。

【動画】美容師国家試験の練習風景

【発表!2019年の注目脱毛サロン3選】
  【ストラッシュ】※「痛みが苦手」な方向け

タッチで見れます⇒⇒ストラッシュ公式キャンペーン  
  【ミュゼ・プラチナム】※「大手の安心感」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒ミュゼ・プラチナム公式キャンペーン  
  【キレイモ】※「予約の取りやすさ」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒KIREIMO公式キャンペーン

<スポンサーリンク>