臨床検査技師資格の取り方!47歳主婦が必要な道具・費用・勉強方法・失敗しないコツを伝授!

臨床検査技師資格を取得した年齢・選んだ魅力(理由)・勉強内容・取得まで流れ

47歳主婦で臨床検査技師の免許を持ってます。

この免許は22歳にとりました。

医療系の国家資格です。

 

元々、医療系に興味があり、こどものころから、その様な本をみていました。

最初は薬剤師を希望していましたが、知り合いに薬剤師の方がいて
「いまはこの仕事はつまらない。臨床検査技師の方が楽しいよ。」
といわれました。

子供の頃通院していた医院で会計の後ろで薬剤師の人たちが薬を調合したり、練ったりしているのをみていて、それがきっかけでした。

今は赤玉がいくつ、白玉がいくつと数えるだけでということでした。

 

たまたまその方(友人のお母様なんですが)の時代は薬学部に入れば、決められた講義とテストで、臨床検査技師の試験も受けれたそうです。

 

さらに私の両親が病院で勤務しており、母は院長先生の電話番、父は裏の仕事をしてました。

 

院長先生は母に、「暇だろうから、この本読んで、臨床検査技師の資格を取って、そのままここに就職すればいいよ。」といわれていたのですが、父との結婚が決まり、結局は取らずじまいでした。

 

母は今でも後悔しているそうです。

 

私の時代は3年制の専門学校でしたが、今は4年制が主流のようです。

1年生で基本を、2年生で応用や実習、3年生で8か月の病院実習と国試対策でした。

毎日朝からぎちぎちの授業で、バイトする暇などありません。

実習があればその予習のレポートがあります。

特に2年生ではまとめの実習があり、1週間単位で項目の違う実習をし、終わったら翌日にレポートの提出、およびその日から始まる実習の予習です。

3年生になれば病院実習がはじまり、その中でまた学校の定期試験があります。

 

月曜から金曜まで病院実習、土曜日試験の月があるくらいです。

 

また留年すると国試に受からないというジンクスがあるくらいです。

 

赤点があれば再試験もあります。赤点の常習者も危険です。学校の卒業試験をクリアーしないと、国家試を受ける権利は得られません。

臨床検査技師資格取得に必要な道具、費用(補助金)

細胞の絵を書いたりするので、普通では売っていない色の色鉛筆は必要ですが、学校の隣に提携してる文房具屋さんがあり、そこですべて解決します。

本は23冊あり、授業のある日に本とノートなど持って通学してました。

毎日大きなかばんで通学してました。

この学校は寮もあったので、全国から生徒が集まっていました。

補助金制度はありましたが、ほとんどが寮に入っている人が受けていたので、金額はよくわかりません。

1年で学費が100万くらいでしょうか?

実習に使う試薬などが高いのでどうしてもそれらの影響が学費に影響してしまいます。

私の母校は幼稚園、中学、高校、短大が当時あったのでよく「そこから賄われてる」といわれてました。

定期試験では過去問があり、それを隣の文房具屋さんでコピーして勉強してました。

 

お金がかかることは確かです。必要なものは本人のやる気しかありません。

毎日学校と自宅の往復だけです。

そして試験勉強とかレポートの作成、予習、これが毎日です。

この生活に耐えることが出来れば大丈夫だと思います。

本当にひたすら勉強の日々なので。夏休みや冬休みしか長期の休みがないので、この期間中にバイトにいったりします。このバイト代も学校がらみで無くなってしまいますが。

臨床検査技師資格を取得して感じたメリット

私が就活していた時期はバブルのはじけ始めだったので、希望のところにすぐ決まりました。

なのでほとんど就活はしていません。

<スポンサーリンク>

学校と病院や健診センターとの関係もあり、逆に母校の先輩ばかりの職場もあるくらいでした。

主人の転勤で1度退職しましたが、転勤先でも仕事はすぐ見つかりました。

その後転勤から、戻ってきても次の仕事に就くことができました。

バブルがはじけても、企業が最後に削るのが健診だったので、検診に仕事はいっぱいあり、たとえば、春と秋の健診シーズンのみ働いて、夏と冬は葬儀場でエレクトーンを弾いていたという強者もいます。

 

頑張った分っだけちゃんと結果が出ていたのですが、秋葉原の無差別事件と社会体制の変化で、今までの仕事の体制がとれなくなり、仕事を得ることが難しくなってしまいました。

派遣法のおかげでどんだけ大変になりました。

仕事が出来ないから派遣先に切られた。そんなのはあたりまえです。私達が派遣で仕事に行くときは、行って仕事が出来て当たり前ですから。

臨床検査技師資格取得の勉強を始めて失敗した事・注意点

いま、医療界は全ての分野で特化されてます。

それは医者だけでなく、コ・メディカルもそうです。

超音波の検査なら全分野出来るけど、採血は出来ないとか普通にいます。

 

初めて勤務した先で技師長が「産後も再就職できるように」」と生理検査から検体検査まで幅広く仕事を教えてくれましいた。

どうしても浅くはなってしまいがちですが、出来るか出来ないかでは違います。

 

たとえ特化しても、全体が見渡せなければ患者さんを診ることはできません。

23冊ある教科書は実際には1冊の本なんです。

心臓だけ詳しくてもダメなんです。

なんでこうなるのか?それぞれの臓器の関係性や機能をちゃんと理解しないとダメなんです。

簡単なものならば超音波検査で腎臓がんを見つけた時に、頭の中にこの患者さんの尿沈渣の検査結果が頭に浮かばなくてはいけないのです。

そして尿沈渣の検査をしている人は、この患者さんの超音波の腎臓の様子が浮かばないといけにのです。

今の医療界では○○がんはここのドクターとかいろいろいわれていますが、全体を見渡せて判断できて、この病気だから紹介するドクターの方がほんとうはすごい先生なんです。

コ・メヂィカルは尊敬するドクターと一緒に病院を移動する人もいます。でも偏った知識じゃいけないのです。

これから臨床検査技師資格取得を目指す人におすすめな勉強方法

ただひたすら勉強することです。

スムーズにとれるような資格ではありません。

臨床検査技師の国家試験は医師の国家試験より難しいと、当時いわれていました。

確かに、過去問を10年分を毎日1年分やることで合格出来る時代でしたが、それでも落ちる人は落ちます。

いまの試験はもっと難しくなっているので、それだけでは対応できないでしょう。

バイトして学校いってサークルはいってなんて生活は私にはありませんでした。

 

まず、そんな時間なんてありません。学校行って、朝から勉強して、夕方帰宅して、レポートや実習の予習。毎日がこんな生活です。それでもこの資格をとりたいと思うのでしたら、頑張って勉強してください。

そして、人体の不思議に気付いてください。

そうすると、勉強が楽しくなります。

たった1つの臓器を突き詰めていくとあまりにもいろんなことに関連していておどろいたことがあります。そうすると引き出しが多くなり、他の臓器も楽しく勉強できます。

病理のようにみて覚えるものもありますが、いろんなものがつながっていくと納得できます。

今でも3年間の人は大変だと思いますが、合格を目指して頑張ってください。就職してもまだまだ勉強は待っているのですが。

【動画】臨床検査技師の仕事内容

【発表!2019年の注目脱毛サロン3選】
  【ストラッシュ】※「痛みが苦手」な方向け

タッチで見れます⇒⇒ストラッシュ公式キャンペーン  
  【ミュゼ・プラチナム】※「大手の安心感」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒ミュゼ・プラチナム公式キャンペーン  
  【キレイモ】※「予約の取りやすさ」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒KIREIMO公式キャンペーン

<スポンサーリンク>