茨城県稲敷市ふるさと納税で返礼品「あきたこまち15kg」!39歳会社役員妻の口コミ・注意点~寄付手続き・確定申告による所得税、住民税

年齢:39歳
性別:男性
職業:会社役員
のものを、妻である私(36歳女性)が代わりに行いました。

茨城県稲敷市のふるさと納税で返礼品「あきたこまち15kg」をお得にゲットした経緯~感想口コミ・控除額

 

ふるさと納税をした県名・市町村名:茨城県稲敷市
もらった返礼品:あきたこまち15kg

茨城県稲敷市のふるさと納税に決めた理由

ふるさと納税をすれば、次年度の税金も減るし、還付もあるので、特にどこにしようということもなく、節税対策のために行いました。

住民税によって、市の私立幼稚園の助成金の額も変わってくるので、できるだけ減らしておきたいという思いもありました(実際、1万円の助成金をいただけましたが、ふるさと納税をしていないと、助成金額は0円でした。)

そこで、どこに、というより、何がもらえるかを優先に決めました。(ふるさと納税の本来の目的とは違い、心苦しさは多少ありますが。)

 

茨城県稲敷市のお米は、「さとふる」というふるさと納税の専用サイトでもよく上位にランクインしており、内容量も多いので、選びました。
ふるさと納税自体は、昨年より、定期的にしています。
ここのお米だけでなく、他のところのも選んだり、たまにはお米以外のもの(大抵が食料品)を選ぶこともありますが、日常の買い物感覚です。

茨城県稲敷市のふるさと納税返礼品「あきたこまち15kg」の感想(メリット・デメリット)

・メリットは?
お米は日常的に買い、消費するものである上、重いので、その代わりに宅配便で届くのが、買う手間と労力が省けて嬉しいです。

他のものでもいいのですが、うちはこどももおり、お米の消費量が多いので、2ヶ月に一度は寄付させてもらっています。

 

・デメリットは?
だいたい寄付から1週間ほどで届くことが多いのですが、普通の買い物の配送とは違い、届く日を選べないし、いつ届くか全く分からず、確認の方法もない(直接寄付した市区町村に問い合わせれば分かるかもしれませんが、その手間をわずらわせるのも悪いと思います)ので、早めに頼んでおかなければ、なかなか届かないということもあります。

 

茨城県稲敷市のふるさと納税の【控除額(控除上限額)】

昨年は、シミュレーションで計算したところ、84000円の上限額に対し、1年間で80000円ほど、色々な市町村に寄付しました。

<スポンサーリンク>

茨城県稲敷市のふるさと納税方法~寄付のやり方

私は「さとふる」という、ふるさと納税専用のサイトに登録しました。

サイトの流れに沿って、好きな返礼品を選んでカートに入れ、個数を選択し、寄付する人の情報、返礼品の送付先の情報などを入力し、確認のボタンを押して終了です。

実際には、サイトに登録しているので、その都度、名前や住所を入力する必要もなく、返礼品さえ選べば、ネットショッピング並みに簡単な入力で終わります。

こちらは、控除上限額なども簡単にシミュレーションで計算できるので便利なサイトだと思います。

 

送付先は、寄付する人とは別に入力できるので、遠くに住んでいる親や友人などへのプレゼントとしても利用可能なようです。

 

支払いは、クレジットカードなども選べますが、私は本人ではないので、後日、銀行のATMを利用し、ペイジーで支払いました。

他の返礼品だと分かりませんが、こちらの場合、支払い手続きから1週間ほどで、佐川急便にて返礼品が届きました。

また、さらに1ヶ月ほどしてから、茨城県稲敷市から寄付受領証明書が郵送されてきます。

<スポンサーリンク>

これは確定申告の際に提出が必要となるので、翌年までなくさないように保管しておくことが大切です。

私は保険関係書類と一緒にまとめて保管しています。

茨城県稲敷市のふるさと納税~どうやって確定申告した?~実際の所得税・住民税はどうなった?

 

茨城県稲敷市のふるさと納税後、どうやって【確定申告】したか?

私は、ふるさと納税のワンストップ特例制度は利用せず、翌年、1月になってから税務署に確定申告をしに行きました。

ワンストップ特例制度だと、5市区町村以内であれば、確定申告はせずにすむとのことでしたが、結局、そちらも手続きが面倒に感じ、書類を送る封書代もかかるので、

私は確定申告を選びましたが、ワンストップ特例制度を利用すれば、住民税の控除のみで、所得税は絡んでこないので、もしかすると計算は簡単なのかもしれません。

確定申告では、給与所得のみだったので、確定申告Aの用紙を利用し、会社で年末調整も行っていたので、源泉徴収票を見ながら、手書きで記入していきました。

提出には、源泉徴収票と寄付受領証明書の他に、マイナンバーカードのコピーが必要でしたが、カードは持っていなかったので、マイナンバー通知書カードのコピーと共に、運転免許証のコピーも添付しました。

郵送もできましたが、書類の不備なども見てもらいたかったので、管轄の税務署まで直接持っていきました。

確定申告の時期の税務署は混みますが、還付のみであれば、普通2月からのところを、1月から受け付けてもらえるので、それほど混んでいないし、提出のみであれば、受付も違うので、スムーズに提出することができました。

実際の所得税はいつ・いくら戻ってきたか?

寄付金額のうち、(合計寄付額-2,000円)×所得税率)が、確定申告をした後、1ヶ月ほどで、確定申告の際にこちらが指定した口座に振り込まれました。

実際には、復興特別所得税が加味されて、多少あり、還付金額は15838円になりました。

住民税はどうなったか?

正確な金額は失念しましたが、寄付金額のうち、(合計寄付額-2,000円)×(100%-所得税率)が、次の年度の住民税からたしかに控除されていました。

所得税の還付と合わせて100%になるように計算されているようです。

茨城県稲敷市のふるさと納税での注意点

どこの市町村へのふるさと納税でも同じですが、もし、特に返礼品にこだわりがないなら、「さとふる」など、専用のふるさと納税サイトに登録するのが一番簡単でスムーズだと思います。

間違えやすい点は、2000円を自己負担すれば、いくらでも寄付分がタダになると思うと、寄付のしすぎで自己負担がかかってしまう可能性がある点です。

その年の自分の収入額からきちんと計算して上限額を見ておかなければ、節税分以上に減収になってしまいかねません。

この計算は、もちろん自分でしてもいいですが、ややこしいところもありますので、計算シミュレーションできるサイトを利用すると簡単だと思います。

ややこしい点といえば、確定申告後、納税金額から2000円を引いたあとの全額が還付されると勘違いしやすいのではないかと思います。

実際のところ、私も確定申告をするときに、自分で計算して、驚くほど還付が少なくて、調べ直し、次の年度の住民税から控除されることを確認し、納得しました。

住民税の控除についても、本当に合っているのかと、計算するのに結構苦労し、税務署に電話で尋ねたりもしました(最終的にはきちんと合っていました

間違っていてはいけないけれど、お役所の仕事であっても確実に合っているのかは信用できないと思っているので、金額も大きいですし、一度は計算して自分で把握しておいた方が、安心して次の年もふるさと納税を利用できるのではないかな、と思います。

【発表!2019年の注目脱毛サロン3選】
  【ストラッシュ】※「痛みが苦手」な方向け

タッチで見れます⇒⇒ストラッシュ公式キャンペーン  
  【ミュゼ・プラチナム】※「大手の安心感」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒ミュゼ・プラチナム公式キャンペーン  
  【キレイモ】※「予約の取りやすさ」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒KIREIMO公式キャンペーン

<スポンサーリンク>