長野県小谷村ふるさと納税3万円で返礼品「小谷村宿泊補助券」!34歳会社員の口コミ・注意点~寄付手続き・確定申告による所得税、住民税

・年齢 性別→ 34歳 男
・職業→ 会社員
・ふるさと納税をした県名・市町村名→ 長野県小谷村へ納税
・もらった返礼品→ 小谷村宿泊補助券

長野県小谷村のふるさと納税3万円で返礼品「小谷村宿泊補助券」をお得にゲットした経緯~感想口コミ・控除額

長野県小谷村のふるさと納税に決めた理由

2017年6月頃。総務省の通達により翌月から返戻率が下がるという情報を得たため従前より考えていた自治体へふるさと納税を実施する。

冬にスキーに行くので、白馬村か小谷村にふるさと納税を行うと何かスキーに関連する返礼品があるか調査します。

白馬村の場合、リフト券が返礼品として紹介されていましたが、寄付金額が大きかったことと、リフト券より宿泊券の方が冬以外でも使える気がしたので
宿泊券がある小谷村の方に気を向けました。

白馬八方尾根や白馬五竜&47・白馬岩岳など白馬村内のスキー場も好きでありますが、小谷村の栂池高原スキー場や白馬コルチナ国際スキー場が個人的に気に入っているため、

栂池高原の立地する小谷村に納税を行い、返礼品として宿泊補助券を選択する運びとなりました。

 

長野県小谷村のふるさと納税返礼品「小谷村宿泊補助券」の感想(メリット・デメリット)

・メリットは?

○小谷村の宿泊施設であればほぼすべて使えると言うことであるので、スキー場周辺の数多くの宿泊施設から自由に選ぶことが出来ます。

○スキー場周辺の中小のホテルや旅館のみならず、ホテルグリーンプラザのような大規模な宿泊施設も利用出来、選択の幅が広いです。

○2名分の宿泊費用はほぼ補助券でまかなえました。

○リフト券は別で購入しなければならないが宿泊割引で二日券が購入できました。

○スキーヤー・スノーボーダーであればもらっておいて損はないような気がします。

 

・デメリットは?

○その自治体へ補助券の期限までに行って宿泊するかどうか未定の場合はリスクが大きいです。スキーとか確固たる目的がある場合ばかりではないと思うので。

○宿泊予約は宿泊施設へ直接電話なりメールをして予約しなければならない。宿泊施設との直接のやりとりが必要なため
旅行会社による予約や、リフト券等がセットになった旅行会社のパッケージを利用することは出来ないです。

○パッケージお利用できないので、交通機関も自分で用意する必要があります。マイカーを利用する場合は問題ないですが、バスなどの場合
旅行会社のパッケージの方が安いことが多そうです。

長野県小谷村のふるさと納税の【控除額(控除上限額)】

控除額→ 28,000円

<スポンサーリンク>

長野県小谷村のふるさと納税方法~寄付のやり方

①自分の年収からどのくらいの金額をふるさと納税すれば一番効率が良いか、各種ポータルサイトには簡易的に税金の控除額を計算できるツールがあるので、それを利用して最善の金額を割り出します。

②ふるさと納税のポータルサイトが数多くあるが、その中で返礼品などでお気に入りの自治体を見つけておきます。
ポータルサイトによって取り扱っている自治体が違ったり、扱っている返礼品が違うようなので、欲しいものをある程度考えておき使用するポータルサイトを選びます。

③私の場合は、「さとふる」を選んだので会員登録を行しました。メールアドレスをはじめ、住所・電話番号などの個人情報を入力して登録手続きを完了します。

④お目当ての自治体にふるさと納税を行います。
このとき納税方法はクレジットカードを利用しました。クレジットカード以外の決済方法もあったと思いますが、クレジットカードが一番手っ取り早いと思います。

 

クレジットカードを利用する利点としては、クレジットカードのポイントがつくことです。

<スポンサーリンク>

通常、税金の支払いにクレジットカードが利用できる場面はほとんどないですが、ふるさと納税はポータルサイトが主導していることもありクレジットカードが利用できるためカードのポイントがつきます。

特に還元率の良いカードを利用するようにしています。

長野県小谷村のふるさと納税~どうやって確定申告した?~実際の所得税・住民税はどうなった?

【長野県小谷村のふるさと納税後、どうやって【確定申告】したか?】
当時、住宅ローン控除の確定申告と贈与税の確定申告も行う必要があったため、ワンストップ特例制度は納税時に手続きはしていたが、利用出来ないため確定申告を行いました。

贈与税やローン控除、ふるさと納税を含む確定申告が初めてだったため、2月中旬以降に税務署へ直接出向き確定申告の申告書作成コーナーを利用して、指導員の方に教えてもらいながら確定申告を行いました。

贈与税関係の書類、ローン控除関係の書類とともにふるさと納税を行った証明書を用意して、税務署の相談コーナーに向かいました。

確定申告自体は指導員の方の指示通りにパソコンに必要事項を入力するだけなので難しくはありません。また各種の入力操作もさほど時間がかかりませんが、

自分の番になるまでに数時間の待ち時間があるため、申告書作成コーナーを利用する場合は自分の住んでいる場所にもよるでしょうが、一日仕事になることを覚悟しておく必要がありそうです。

 

実際の所得税はいつ・いくら戻ってきたか?

2018年4月中旬頃所得税が還付されました。

69,000円の還付であったが、これは住宅ローン控除を含めての還付であり、この金額のほとんどは住宅ローン控除から発生しているため、ふるさと納税単体としての還付額はわからないです。

所得税よりも住民税の節税効果が感覚的には大きいと思います。

 

住民税はどうなったか?

住民税は特別徴収のため、給与天引き額が昨年と比べ減っている。

昨年実績と比較した場合、おおよそ一ヶ月あたり2000円強の住民税が減少しています。

6月給与とともに配布される住民税の通知書を確認すると、実際の住民税額が昨年より減っていることがわかり住民税の節税効果が期待できた。

また、住民税の通知書にはふるさと納税を行った旨が記載されており、確定申告により住民税に反映されていることを改めて確認することができた。

住民税が減っている感覚は大変大きいと思います。

長野県小谷村のふるさと納税での注意点

各種ポータルサイトが充実しているため、手続き自体は簡単なものになっている。

重要な点は
①ワンストップ特例制度を利用するか否かです。サラリーマンであれば確定申告を行う人は少ないかと思うのでワンストップ特例制度の手続きを忘れず行うことが重要。マイナンバーの添付も必要なので、通知カードやマイナンバーカードを用意しておきます。

②ローン控除をはじめ何らかの確定申告を行う場合はワンストップ特例制度は利用できないので、たとえ特例制度の手続きを行っていたとしても、必ず確定申告時にふるさと納税の寄付金控除を行うこと。そのために納税証明書を紛失することがないように注意します。

③控除額の上限には注意して納税する。自分の年収から控除の限度額がわかるツールが各種ポータルサイトにも用意されているので、あらかじめ限度額を調べておく。
限度額以上の納税を行っても、限度額を超えた分は控除されず、ただ寄付を行って返戻品をもらっただけになります。

④年収がそもそも少なく非課税である人はふるさと網税を行う意味がほとんどありません。
パートタイマーの主婦や専業主婦などは特に自分の年収を考えて寄付を行います。

また、家族の誰か(配偶者や子など)控除の恩恵にあずかれる人の名前で寄付をすることも選択肢の一つではないかと思います。

【発表!2019年の注目脱毛サロン3選】
  【ストラッシュ】※「痛みが苦手」な方向け

タッチで見れます⇒⇒ストラッシュ公式キャンペーン  
  【ミュゼ・プラチナム】※「大手の安心感」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒ミュゼ・プラチナム公式キャンペーン  
  【キレイモ】※「予約の取りやすさ」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒KIREIMO公式キャンペーン

<スポンサーリンク>