岐阜県大垣市ふるさと納税2万円で返礼品「飛騨牛ディナー券」!25歳女性の口コミ・注意点~寄付手続き・確定申告による所得税、住民税

岐阜県大垣市ふるさと納税2万円で返礼品「飛騨牛ディナー券」をお得にゲットした経緯~感想口コミ・控除額

25歳女性
事務職
岐阜県大垣市にふるさと納税しました。
肉匠一鉄の飛騨牛ディナー券(ペアチケット)
>>公式サイト

岐阜県大垣市のふるさと納税に決めた理由

岐阜県大垣市のふるさと納税に決めた理由は
普段は食べることができない、おいしい飛騨牛が食べたかったからです。

当時は実家暮らしで米や野菜などの食料品は必要なかったので、A5のお肉がお得に食べられるディナー券をふるさと納税することにしました。

もう少し予算があれば旅行関係のふるさと納税もいいなぁと考えていましたが、上限額を考慮して今回は20000円を寄付額にと決めていたので、お食事券が妥当であると考えました。

私が住んでいる愛知県周辺で寄付できるお食事券は、大きく分けて飛騨牛とうなぎがありました。

どちらにしようかかなり悩みましたが、一緒に行こうと考えていた相手から「絶対肉がいい」と言われたので飛騨牛にしました。

岐阜県だと飛騨牛を取り扱っている飲食店のディナー券を返礼品としている自治体がいくつもありましたが、大垣市が家から一番近かったので大垣市のディナー券にしました。

また、お付き合いしている人と一緒に楽しめるものが良かったので、ペアチケットになっている肉匠一鉄のディナー券に惹かれました。
ふるさと納税した時期は12月半ばです。

やろうやろうと思ってずるずる引き伸ばしてしまって、結局駆け込みでやることになってしまいました。

 

岐阜県大垣市のふるさと納税返礼品「飛騨牛ディナー券」の感想(メリット・デメリット)

・メリットは?
普段はめったに食べられない6000円相当のディナーが実質2000円で食べられる。
石鍋やすき焼きなど、メインの料理を選ぶことができる。
ペアチケットのため大切な人を連れて行くことができるので、好きな人の喜ぶ顔を見ることができる。
大切な人と素敵な思い出を作ることができる。

・デメリットは?
指定のお店まで行く必要があるので、お店に行くまでにそれなりに時間がかかる。
予約を取る必要があるので前々から予定を決めておかないといけない。
人気店に行くので希望の日が予約で埋まっている可能性がある。

【控除額はいくらでしたか?】※控除上限額がわかれば一緒に教えてください

20000円寄付したので控除額は18000円でした。
当時一年目の私の年収で控除上限額試算したところ上限30000円くらいだったので、余裕を見て20000円の寄付にしました。”

 

<スポンサーリンク>

岐阜県大垣市のふるさと納税方法~寄付のやり方

「さとふる」からほしい返礼品を選び、寄付しました。

返礼品の画面に入ると「この自治体への申し込みへ進む」というボタンがあります。

そのボタンを押すと次に寄付金の使い道を選ぶ画面が表示されます。

そこで自分の好きな使い道を選びます。

そうすると次に必要事項を入力する画面が出てくるので、名前や住所などの情報を入力します。

決済は、クレジットカードを始め、コンビニ払い、納付書支払い、ペイジー支払いなど様々な支払い方法を選ぶことができます。

私はYahoo!公金支払いを使い、クレジットカードで支払いをしました。
支払い方法まで選ぶと、次はオプション制度の画面に移ります。

そこで、ワンストップ特例を利用するかどうかを選びます。

また、自治体からのアンケートも設置されており、返礼品の贈呈を希望するかどうか、ID、年代、性別を記入していきます。

大垣市は紹介制度もあるようで、その制度を利用した場合に記入する欄もありました。

それらの記入が終わると最後に確認画面に移ります。
内容に間違いがないか確認して、寄付を確定させます。

その後、登録したメールアドレスにクレジットカードの決済完了のメールが送られてきて、無事寄付を終えました。

<スポンサーリンク>

岐阜県大垣市のふるさと納税~どうやって確定申告した?~実際の所得税・住民税はどうなった?

岐阜県大垣市のふるさと納税後、どうやって【確定申告】したか?

確定申告は、パソコンではなく確定申告用紙に記入したものを提出しました。

パソコンからの申告が推奨されているようですが、登録が面倒だと聞いたので紙での提出を選択しました。

また、登録をしなくてもパソコンで完成させて紙に印刷することもできると聞きましたが、家にプリンターがないのでその方法も諦めました。

用紙は、近くの市役所に行って確定申告書A様式と添付書類台紙をもらってきました。

わざわざ税務署まで行かなくても市役所の窓口に設置してあります。
その用紙に所得及び控除額などを書き込みます。

寄附金控除額については、今回私は20000円大垣市に寄付したので、2表に「寄付先:大垣市」「寄付額:20000円」と書き、1表の所得控除のほうの寄附金控除額に18000と書きました。

寄付額から2000円を引いた額が控除額になりますので。

そして、添付書類台紙にふるさと納税の証明書を貼って市役所に設置してあるポストに投函しました。

提出も、わざわざ税務署まで行かなくても市役所の窓口にポストが設置されています。

もともと確定申告のやり方は知っていたので、紙に手書きで書いて提出するというやり方でもあまり時間をかけずに行うことができました。

パソコンからだと控除額の計算など自動で行ってくれるみたいなので、確定申告に慣れていない方、計算方法がよくわからない方はパソコンからのほうが良いかと思います。

実際の所得税はいつ・いくら戻ってきたか?

3月下旬に900円ほど戻ってきました。

私は2月のかなり早めの時期に申告書を提出していたため、わりと早めに還付手続きがされたのだと思います。

寄附金控除が18000円で、私の所得だと税率が5%だったので900円です。

大部分が住民税のほうで控除されるとは聞いていましたが、思った以上に少額で少し驚きました。

住民税はどうなったか?

18000円から900円を差し引いた、約17100円が住民税の税額から控除されました。

所得税の税率が低いので、寄附金控除のほとんどが住民税から控除されました。

私は給与天引きで住民税を納めているので、12ヶ月で割ると月々約1400円安くなった計算になります。

所得税のほうではあまり引かれなかったぶん、住民税のほうはだいぶ安くなったように感じました。

岐阜県大垣市のふるさと納税での注意点

大垣市はポイント制を採用しています。

そのため、「さとふる」から決済を終えた段階では、ポイントを獲得しただけで返礼品を選んだことにはなりません。

決済を終えると後日大垣市から手続き方法が記載された書類が送られてきます。

その書類にはポイント交換サイトへのログインに必要なID及びパスワードが記載されており、返礼品獲得までの手順が説明されています。

その書類を見ながら大垣市のポイント交換サイトにアクセスし、返礼品を選びます。
(この段階で初めて返礼品を確定させるので、もし気が変われば違う返礼品を選んでも構いません。)

そこでやっと返礼品を決定することができ、後日ディナー券が送られてくるのです。
そのため返礼品をもらうまでの手続きが多く、時間がかかります。

他の返礼品のように「さとふる」から決済を行なったらそれで終了というわけではないので、注意が必要です。

また、大垣市は紹介制度を導入しており、この制度を利用すると200ポイントをもらうことができます。

紹介してもらえる知人がいれば紹介してもらったほうが若干お得になります。

今後も継続して大垣市に寄付をするつもりであれば、この紹介制度を利用してポイントを貯めた方がよりお得に返礼品をゲットできます。

【発表!2019年の注目脱毛サロン3選】
  【ストラッシュ】※「痛みが苦手」な方向け

タッチで見れます⇒⇒ストラッシュ公式キャンペーン  
  【ミュゼ・プラチナム】※「大手の安心感」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒ミュゼ・プラチナム公式キャンペーン  
  【キレイモ】※「予約の取りやすさ」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒KIREIMO公式キャンペーン

<スポンサーリンク>