茨城県境町ふるさと納税1万円で返礼品「茨城県のお米4種食べくらべ20kgセット」!42歳主婦の口コミ・注意点~寄付手続き・確定申告による所得税、住民税

茨城県境町のふるさと納税1万円で返礼品「茨城県のお米4種食べくらべ20kgセット」をお得にゲットした経緯~感想口コミ・控除額

42歳女性、パート主婦です。

ふるさと納税をしたのは茨城県境町、もらった返戻品は「茨城県のお米4種食べくらべ20kgセット」です。

私は扶養内での仕事のためふるさと納税はできないので、会社員である夫の名義で行いました。

茨城県境町のふるさと納税に決めた理由

茨城県境町は、ふるさと納税サイトのお米の部のランキングに載っていて知りました。

ふるさと納税経験は3年目で、今までも返礼品がお米の自治体に寄付してきました。

だいたい1万円の寄付で10~15キロくらいのお米の返礼が多かったのですが、茨城県境町では20キロということでお得感があり、かなりの高還元率になると思いました。

また茨城県は東日本大震災の被災地でもあるため、寄付をすることで応援になるかなという気持ちもありました。

茨城県境町のふるさと納税返礼品「茨城県のお米4種食べくらべ20kgセット」の感想(メリット・デメリット)

・メリットは?
お米4種食べくらべ20kgセットなので、5キロの袋が4つ来ます。コシヒカリ、ひとめぼれなどの他に、地域米であるユメヒタチもありました。

食べ比べる楽しみもあるのと5キロで小分けされているため、1袋実家にわけて喜んでもらうことができました。

うちは3人家族でお米の減りもそんなに早くなく10キロ袋だと傷みも心配なので、5キロで小分けされていることはメリットでした。

またどのお米もとて新鮮で美味しかったのですが、中でも甘いもの、小粒であったり、大粒であったり、粘りも若干違っていて、その違いを家族で楽しみながらいただくことができました。

 

・デメリットは?
商品に関してデメリットは感じられませんでした。

食べ比べですが、品種はおまかせで指定は出来ないことが唯一の難点かもしれません。

またランキングに登場する人気商品のため、発送が予定より1ヶ月くらい遅れたので、きちんと寄付できているかどうか少し心配でした。

茨城県境町のふるさと納税の【控除額(控除上限額)】

境町には10000円の寄付でしたが、控除上限額はシュミレーショすると52000円ほどあったため、他の自治体にも1万円ずつ5ヶ所、5万円を寄付しました。

自己負担分が2000円のため、本来は実質48000円の控除になります。

ただ所得税はもともとゼロだったため住民税のみの控除になり、若干低くなりました。

<スポンサーリンク>

 

茨城県境町のふるさと納税方法~寄付のやり方

私はお米の返礼品が目当だったため、お米のランキングのページから見つけました。

申込みは流れに沿って、金額や返礼品をクリックしていくだけで簡単です。支払いをクレジットカードで行う場合はその登録もありますが、全てサイト上で簡単に出来ます。

また寄付の用途として「教育」「福祉」「震災復興」「お任せ」など選ぶようになっています。

初回登録では会員になるために住所などを入力していく必要がありますが、その後は自動で必要な情報が出てくるため、寄付の手続き自体は1分もかからないと思います。

寄付をする手順として行ったことは、ランキングのページなどから「茨城県のお米4種食べくらべ20kgセット」を見つけ「寄付する」というボタンをクリックして、金額を入力、寄付用途を選択するというだけで、それはどこの自治体に寄付する場合もほとんど同じで簡単です。

その後2週間くらいで自治体から「寄附金受領証明書」が届き、あとは返礼品が届くのを待つだけになります。

自治体によっては寄附金受領証明書と返礼品が一緒に届くところもありますが、境町は証明書が郵便で先に来ました。返礼品が届く時期は寄付をするときにサイト上で確認することができます。

<スポンサーリンク>

寄附金受領証明書は確定申告の際に必要なものなので、無くさないようにきちんと保管しておくことが必要です。

茨城県境町のふるさと納税~どうやって確定申告した?~実際の所得税・住民税はどうなった?

茨城県境町のふるさと納税後、どうやって【確定申告】したか?

条件によっては確定申告不要なワンストップ特例制度などもあるのですが、私の場合は毎年医療費控除も申請する必要があるため、ついでなのでワンストップは申し込まず、税務署で確定申告を行いました。

確定申告は申告書の表裏に必要事項を記入し、「寄附金受領証明書」と一緒に提出するだけで、構えるほど難しいものではありません。

ただ非常に狭い欄に寄付した自治体などを記入することになり、作成に少し時間はかかりました。

1ヶ所でも記入し忘れてしまうと控除されなくなり、また記載漏れについては税務署や自治体から連絡が来ることはないので、控除されていないことに気付かないとただの寄付になってしまいます。そのためきちんと抜けずに記入することが大切です。

実は今回、確定申告書の裏の一部分の記載漏れをしてしまい、後に住民税で控除になっていないことに気が付き手続きをし直しました。

手続きのために税務署と区役所を行ったり来たりする必要があり、また控除の決定までに2ヵ月くらいかかってしまったので、来年は気をつけなくてはいけないと思っています。

また所得税がゼロの場合、本来はふるさと納税の確定申告は税務署ではなく区役所でするものということでしたが、「住宅ローン控除があり所得税がゼロになっている場合に限りふるさと納税などの控除も税務署で受け付ける」ということを確認しました。

所得税はいつ・いくら戻ってきたか?

所得税は住宅ローン控除の関係でもともとゼロなので還付はありませんでした。
控除額が減ることは理解した上で、ふるさと納税をしました。

住民税はどうなったか?

寄付金税額控除として、44660円の控除になっています。

一般的には50000円の寄付の場合、2000円の自己負担で48000円の控除がありますが、所得税がない分低くなっています。

ただ大部分の控除は住民税からなので、所得税がゼロの人も住民税課税の場合はふるさと納税した方がお得だと実感しました。

茨城県境町のふるさと納税での注意点

ふるさと納税のサイトから寄付する場合はどこの自治体でも方法は同じなので、茨城県境町で特別なことは全くありません。

様々なふるさと納税サイトがありますが、境町が提携しているサイトは「ふるさとチョイス」だけのようなので、寄付をしたい場合は会員登録する必要があります。

堺町はふるさと納税事業にに力を入れているため「茨城県のお米4種食べくらべ20kgセット」の他に「無洗米15キロセット」などもあるため、自分がもらいたい返礼品を間違えて選択しないように注意するとよいと思います。

境町のHPにはふるさと納税についても説明も詳しく載っていて、ふるさとチョイスともリンクされるようになっているので1度自治体のサイトを見てみることをおすすめします。

返礼品の発送が送れた場合等にもサイト上でお知らせがあるようです。

またどこに寄付する場合でも同様になりますが、寄付金条件額を超えて寄付をしてしまうと、控除のないただの寄付になってしまいます。ふるさとチョイスでは上限額も

詳しくシュミレーションできるようになっていて、実際に寄付してみてかなり正確であることがわかったので、まずはシュミレーションをしてからどこにいくら寄付しようななど考えることをおすすめします。

【発表!2019年の注目脱毛サロン3選】
  【ストラッシュ】※「痛みが苦手」な方向け

タッチで見れます⇒⇒ストラッシュ公式キャンペーン  
  【ミュゼ・プラチナム】※「大手の安心感」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒ミュゼ・プラチナム公式キャンペーン  
  【キレイモ】※「予約の取りやすさ」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒KIREIMO公式キャンペーン

<スポンサーリンク>