宮崎県西都市ふるさと納税1万円で返礼品「伊東マンショ米10キロ」!35歳女性の口コミ・注意点~寄付手続き・確定申告による所得税、住民税

宮崎県西都市のふるさと納税1万円で返礼品「伊東マンショ米10キロ」をお得にゲットした経緯~感想口コミ・控除額

私は35歳の自営業の女性です。
宮崎県西都市にふるさと納税し、返礼品として伊東マンショ米10キロをいただきました。

宮崎県西都市ふるさと納税公式HP:https://saito.mypl.net/article/furusato_saito

 

宮崎県西都市のふるさと納税に決めた理由

宮崎県西都市のふるさと納税をしようと「さとふる」というサイトで検索していると、色々な返礼品が目に入って来ました。あちこち目移りしてなかなか決められなかったので、家族に何が良いか聞いて米を貰うことにしました。

返礼品を米に限定しても、多くの品があり1時間以上も迷って決められませんでした。

最後に決め手になったの米の銘柄の名前です。子供の頃に歴史の時間に習った少年使節団の名前がついており、インパクトがあったので市のホームページを開きました。

一通り確認してから納税することを決め、申し込みのボタンを押しました。

いただいた米の銘柄は「伊東マンショ米」です。

今まで見たことがない名前だったので、珍しさも手伝っての申し込みです。

西都市は伊東マンショの誕生した土地らしく、ホームページの説明を見ていると実際に訪れて見たくなりました。遠いので訪れることはできないので、せめて米を食べて行った気分に浸ろうと思いました。

宮崎県西都市のふるさと納税返礼品「伊東マンショ米10キロ」の感想(メリット・デメリット)

・メリットは?
10キロあったので3人家族が暫く食べられるぐらいの量がありました。

味は今まで食べたコメの中で一番美味しかったです。

ご飯もふっくらと炊きあがり、口の中でとろける様な味わいでした。

明らかに今までの米とは違う味です。あまりの美味しさに、その日は久しぶりにご飯をお代わりしてしまいました。

家族も絶賛し「またふるさと納税するなら西都市が良い」と何度も言いました。

私も同じ気持ちだったので、忘れないように西都市の名前と返礼の米の名前をノートに記録しました。

・デメリットは?
送られてきたコメが10キロの袋に入り、小分けになっていなかったので、米びつの中に全部入りませんでした。

夏だったので虫がわかないように、厳重に袋の口を縛って保管することになりました。米は数量限定品のようで、いつ申し込んでもあるわけではないようです。

欲しいと思ったらホームページをチェックし、タイミングを計る必要があります。

宮崎県西都市のふるさと納税の【控除額(控除上限額)】

10,000円です。
翌年の住民税から控除されました。

<スポンサーリンク>

宮崎県西都市のふるさと納税方法~寄付のやり方

ふるさと納税がしたくて気軽に利用できるサイトを探していました。

ネットを検索した結果見つけたのが「さとふる」というサイトです。

ホームページ上で返礼品や場所から納税対象の市町村を探すことがでるので、それなりに便利です。そのサイトに出会うまで、ふるさと納税は難しいというイメージがありましたが、実際にやってみると思ったよりも簡単でした。

だいたい1時間くらい検索し、どこに納税するのか決まったので、サイト上から申し込みました。

申し込みの際に住所や氏名などの個人情報を入力し、納税額をいれ、最後に使用目的を選ぶ事ができます。

納税というと面倒というイメージがありましたが、実際に市町村を決めて申し込みを始めると、ほんの5分ほどで申し込みが完了しました。考えていたよりも難しくありませんでした。

<スポンサーリンク>

「さとふる」のサイトはかなり使い勝手が良いので、それ以降もふるさと納税をするときに使用しています。

家族も全員使っており、使い勝手は良好みたいです。

何よりオンライン上で全てが完結するので、面倒なこともありませんし、操作に戸惑うこともありませんでした。

ふるさと納税をしたいけど、やり方がよくわからない方にお勧めのサイトです。他にもいくつか納税できるサイトがあるので、比較検討してみるのも良いです。

宮崎県西都市のふるさと納税~どうやって確定申告した?~実際の所得税・住民税はどうなった?

宮崎県西都市のふるさと納税後、どうやって【確定申告】したか?

確定申告の直前に仕事を辞めたばかりだったので、普通に市役所へ行き申告書に記入しました。

確定申告自体が初めてだったので、記入例を見てもよくわからず、完成して提出するまで時間がかかりました。

控除の計算をしていると、確定申告について色々誤解していたことに気付きました。

10,000円がそのまま還付金額に足されると思い込んでいましたが、そうではないことがわかりました。確定申告の計算はかなりややこしく、何度やり直してもなかなか上手くいきませんでした。

あまりにややこしいので知り合いの税理士に頼もうと思ったほどです。提出した後も計算を間違ってしまい、還付されるはずが徴収になってしまいました。今までそんなことは一度もありませんでした。

 

何か変だと思い調べると、計算の間違いに気づき、市役所まで出向きやり直しをしました。

やり直した際は職員にしっかりと見直しをしてもらいました。

何かトラブルでもないと見直しはして貰えないので、不安な方は提出する時に見直しをお願いすると良いです。

所得税はいつ・いくら戻ってきたか?

所得税はその時勤めていた派遣会社に年末調整を依頼し、その翌年に給与と一緒に戻ってきました。

金額は数万円ほどです。思ったより多いなという印象でした。その頃丁度時給が上がったので、戻る金額が多かったのかもしれません。

ふるさと納税の分は住民税から控除してもらうことにしたので、所得税の戻りとは関係ないのではないでしょうか。紙を見ても還付とだけしか書いていないので、具体的に何がどのくらい戻ってきたのかは、わかりません。

住民税はどうなったか?

住民税は前年よりは若干安くなりました。しかし時給が上がって所得が増えたせいか、控除額が少なかったせいか、全体としてはあまり変わりませんでした。

納税額が全額控除されるといっても10,000円だとあまり影響ないようです。

大きく住民税を減らしたい方は、納税額を大きくする方が良いと思います。

宮崎県西都市のふるさと納税での注意点

宮崎県西都市のふるさと納税でも検索すると返礼品がたくさん出て来るので、検索する前にある程度候補を絞っておく方が良いです。

よほど意志が強くない限り、見ているとどんどん目移りをしていって、決められなくなります。

返礼品を決めた後も油断はできません。同じような返礼品を登録している市町村が多くあるからです。

これも検索する前にある程度地域を絞った方が良いです。返礼品で検索しないなら、最初から納税する市町村を選んでしまうのも時間の短縮になります。

返礼品の送付時期も確かめた方が良いです。例えば野菜などを申し込むと、収穫に合わせての発送になります。

発送時期は大まかにしかわかりません。丁度発送された時に長期の旅行などに出かけてしまうと、帰る頃には生モノだとダメになってしまいます。家族がいつも家にいて受け取れる環境なら良いですが、一人暮らしの方はその点も注意が必要です。

肉などを大量に申し込んでしまうと、冷蔵庫に入りきらない場合があるので、その点も注意が必要です。

納税の目的用途を選ぶ時は、きちんと考えて選ぶのが良いです。

自分の納めたものが何に使用されるかわかれば、ふるさと納税をする励みになります。

市町村によって当然ン用途は違うので、よく考えて自分が納得できるものを選びましょう。

【発表!2019年の注目脱毛サロン3選】
  【ストラッシュ】※「痛みが苦手」な方向け

タッチで見れます⇒⇒ストラッシュ公式キャンペーン  
  【ミュゼ・プラチナム】※「大手の安心感」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒ミュゼ・プラチナム公式キャンペーン  
  【キレイモ】※「予約の取りやすさ」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒KIREIMO公式キャンペーン

<スポンサーリンク>