群馬県草津町ふるさと納税2万円で返礼品「草津温泉感謝券5000円分」!35歳女性の口コミ・注意点~寄付手続き・確定申告による所得税、住民税

群馬県草津町のふるさと納税2万円で返礼品「草津温泉感謝券5000円分」をお得にゲットした経緯~感想口コミ・控除額

35歳・女性
理学療法士
群馬県草津町
草津温泉感謝券5000円分
公式HP:http://www.town.kusatsu.gunma.jp/www/furusato/

群馬県草津町のふるさと納税に決めた理由

群馬県草津町へ、ふるさと納税をしようと思ったのはフェイスブックなどでの友達の書き込みを見て、意外とみんなふるさと納税をやっていて面白そうだなと思ったからです。

今まではふるさと納税は手続きが難しいのではないかと思っていましたが、調べてみると確定申告の必要のない会社員の場合はワンストップ納税制度も利用でき、手続きも簡単そうだし、減税される額ともらえる返礼品とのコスパを考えてもメリットが大きく感じました。

そこで、どうせ返礼品をもらうならいつもよく旅行で行く草津温泉で使える商品券をもらえたら得だなと思い、群馬県草津町に納税することに決めました。もともと以前より草津へは年に1~2回は夫婦で旅行に行っていたので、すぐに寄付する市町村を決めることができました。

群馬県草津町のふるさと納税返礼品「草津温泉感謝券5000円分」の感想(メリット・デメリット)

・メリットは?
今は返礼品の相当額が大き過ぎるとよくないと規制がかかってしまって、もらえる商品券の額が減っていますが、私が申し込んだ時は1万円の寄付に対して5000円分の商品券が返礼品としてもらえたので、かなり金額的なメリットが大きかったです。

2口寄付したので、実質2000円の負担で1万円分の商品券が手に入れられたことになります。

商品券の使える場所も温泉街でいつも旅行の時によく行く温泉施設(大滝の湯)や食事処(お蕎麦屋さんやうどん屋さん)、お土産屋(温泉まんじゅう屋さん)さんだったので、すぐに使う場所が決まりました。

・デメリットは?
有効期限が約一年間でわりと長めだったのですが、その間に妊娠してしまったため、早く使ってしまわないとなと少し焦りがありました。

結局安定期に入ってから気分転換に夫婦で草津に旅行になんとか行けたので商品券を無駄にすることなくすみました。

現地に行かなければ利用できないので、何か急な用事や体調で旅行が取りやめになってしまうと無駄になってしまう恐れがあります。

群馬県草津町のふるさと納税の【控除額(控除上限額)】

1口1万円の寄付を2口行って、2万円寄付し、18000円分住民税から控除を受けることができました。自己負担は2000円です。

<スポンサーリンク>

群馬県草津町のふるさと納税方法~寄付のやり方

ふるさと納税の方法は楽天ふるさと納税やさとふるなどのサイトがありますが、検索したところ、群馬県草津町への納税は群馬県草津町の役所のホームページから行うようになっていたので、役所の公式ホームページをよく見ました。

そこでふるさと納税をすることをインターネット上から申し込みました。氏名や住所など申し込みに必要な項目はそんなに多くなく、スマホ上ですぐに簡単に申し込むことができました。

寄付金額を振り込む振込先の銀行の口座番号もそこで確認できるため、申し込みが完了次第すぐに銀行振込にて寄付金を振り込みしました。

他行振り込みにすればどこのATMからも振り込みは可能でしたので、いつも利用しているゆうちょのATMからすぐに寄付金を振り込むことができました。これではじめのふるさと納税の寄付金を払うところまでの手続きは全て完了です。

その後は寄付金が振り込まれたことの確認の領収書と税金の控除を受けるために必要な書類と返礼品が自宅へ送られてくるのを待ちました。書類が自宅に郵送されてくるまでは二週間ほどでそんなに時間はかからなかったと思います。

<スポンサーリンク>

返礼品の商品券と一緒にクリアファイルなどの草津グッズも少し送られてきました。

群馬県草津町のふるさと納税~どうやって確定申告した?~実際の所得税・住民税はどうなった?

 

群馬県草津町のふるさと納税後、どうやって【確定申告】したか?

毎年会社で税金の計算や支払いをしてもらっているので、確定申告の必要のない会社員でしたので、ワンストップ納税制度を利用しました。確定申告が必要な人はこの制度は利用できないので、よく確認してから申し込みをすると良いと思います。

まず先程述べたように群馬県草津町のホームページからふるさと納税の申し込みをする際に、ワンストップ納税制度を利用するかどうかも合わせて申し込むようになっているので、ワンストップ納税に必要な書類を送ってもらうように記入します。

草津町で寄付金の振り込みが確認された後にワンストップ納税を利用するための書類が自宅に送られてきました。

送られてきた書類に必要事項を記入して、また草津町に返送します。必要事項は氏名や住所、マイナンバー、印鑑などですぐに記入できたので、難しいことは全くありませんでした。

この制度を利用すると、納税先の市町村が自分に代わって自分の住んでる市町村に対して私がふるさと納税をしたことを知らせてくれる制度になっています。その後の手続きはこちらが何もしなくても全部やってもらえます。

つまり簡単に流れを書くと、以下のようになります。

寄付金の申し込み・振り込み→自宅へ書類と返礼品が郵送→書類を記入して返送→あとは自動的に税金が計算されて翌年の税金が割引されている

所得税はいつ・いくら戻ってきたか?

住民税からまず控除されるので所得税は戻ってくる金額はありませんでした。

住民税はどうなったか?

翌年の住民税からふるさと納税で寄付した金額に応じて控除を受けることができました。

私の場合は2万円分寄付したのですが、翌年の住民税からは約18000円分の控除が受けられたので、住民税がそれだけ割引になりました。

自分の住民税の納付額や、ふるさと納税以外にその他に受ける控除に応じてどのくらいお得になるかが変わってくるので、事前に試算すると良いと思います。いくらまでの寄付ならメリットが大きいか試算ができるサイトがあります。

群馬県草津町のふるさと納税での注意点

行政の指示で、ふるさと納税の返礼品の相当額があまりに大きい市町村へは指導が入っているため、以前はもらえた物が今ではもらえなくなっているということがあります。

私は寄付金の半額相当の商品券をもらうことができましたが、今ではもっと少ない額になってしまっています。

口コミをきいていいなと思ってもその時によって条件が変わっているので、よくよくホームページなどで最新情報を確認してから申し込みをすることをオススメします。

現地で使う商品券なので、有効期限を過ぎて無駄にしてしまうことがないよう、先にいつ旅行に行くかなどもだいたい予定を立てた方がいいと思います。

旅行に行く前にはどのお店で商品券が利用できるかの情報も確認して予め目星をつけておくと現地でも迷うことなくスムーズに使えるかもしれません。

またこれはふるさと納税全般に言えることですが、自分に合った手続き方法をよく確認してから申し込みをしてください。

確定申告が必要な方は簡単なワンストップ納税制度が利用できないため、やり方を間違えてしまうとあとで手続きの失敗のため損をしてしまう可能性がありますので、よく確認して下さい。

いろいろなサイトで紹介してありますので、最新情報を見ましょう。

【発表!2019年の注目脱毛サロン3選】
  【ストラッシュ】※「痛みが苦手」な方向け

タッチで見れます⇒⇒ストラッシュ公式キャンペーン  
  【ミュゼ・プラチナム】※「大手の安心感」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒ミュゼ・プラチナム公式キャンペーン  
  【キレイモ】※「予約の取りやすさ」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒KIREIMO公式キャンペーン

<スポンサーリンク>