ソフトボールが趣味の43歳女性がこれから始める初心者に必要な道具・かかるお金・失敗しないコツを伝授!

趣味でソフトボールを始めた年齢・選んだ魅力(理由)

私の年齢:43歳
職業:事務職
私の趣味:ソフトボール

私は昔から野球やソフトボールに興味がありましたが、高校生時代は私立校で勉強ばかりをしていたので本格的にソフトボールを始めたのは大学生になってからの19歳の時です。

それまでの私の経験としては子供会のソフトボールや学校の体育の授業でしかやったことがありませんでした。

しかし私の通っていた大学のソフトボール部は体育会ではありますが、そこまでの厳しい練習や上下関係もなさそうだったので入部しました。

まず入部して見て一番驚いたのがピッチャーの投げる球の速さとそのキレです。

それまでソフトボールの投手の球は山なりでフワッと来るイメージであったので、その認識は根底から覆されました。

私がいたクラブのエースなどは時速120kg以上の球速があり、ライズボールやドロップなども投げていました。

特にライズボールというソフトボール独特の浮き上がってくる球などは打つどころか捕球ができないような球でありました。

そんなレベルの高いチームでしたので私がレギュラー選手になることはできませんでしたが、楽しくやることができました。

大学を卒業してからは地元の地域で活動しているチームに所属してプレーしています。

<スポンサーリンク>

趣味でソフトボールを始める時、必要な道具、かかるお金

趣味でソフトボールを始めるにあたって必要な道具はグローブ、スパイク、バット、ユニフォームなどです。

このうち、バットはチームで所有しているのが一般的であり、ユニフォームについては所属チームによって扱いが違うようです。

なので自分で必ずそろえる必要があるのはグローブとスパイクです。

例えばグローブなどはソフトボール用、軟式用、硬式用があり、ポジション別で値段もピンからキリまであります。

ソフトボール用であれば10000円以内で買えるものもあります。

スパイクは刃がついているタイプと刃がないポイントタイプがありますが、ポイントタイプは5000円以内で収まります。

ユニフォームについては私の場合で言えば大学時代には自分でお金を出した記憶はありません。
今の地域で所属しているチームではメンバーは各自で購入しています。

値段としては20000円以上はすると考えておいた方がいいです。

こうして書いてみると高いと感じるかもしれませんが、問題はそれをどの程度使うのかということです。

今私が所属しているチームでは地域のリーグ戦日曜日に行っているので、1月のうち2,3回は試合があります。

11チームがいるリーグで、同一チームと2試合は当たるので20試合はあるという計算になります。
このぐらいの試合数があれば特に値段の高さを感じることもないと思われます。

趣味でソフトボールを始めて感じたメリット(良かった事)

趣味でソフトボールを始めて良かったことは、まず大学生の時にはやっと受験勉強から解放された気持ちで思いっきりスポーツを楽しめたことです。

それから同期の人間と長きにわたっての友人関係でいられることです。

私は大学卒業以来20年以上になりますが、クラブのメンバーとは卒業以来毎年忘年会を行っています。

もちろん全員が顔を揃えることが難しいのですが、こういう長年にわたる友情関係は社会人になってからではなかなか築けないものであります。

<スポンサーリンク>

あとは遠征試合などで色んな地方に行くことができたのもいい思い出になっています。

社会人になってからはどうしても利害関係などが生まれてくる人間関係になりがちですが、そういう利害関係なしで夢中で白球を追いかけた時間というのはかけがえのないものになります。

あとはやはりソフトボールが私が最初に思っていたものとは違ってハイレベルなものであることが分かって興味がわいてきたことです。

投手が投げる球を捕球できないことがあるなどとは入部前には想像すらしていなかったことであります。

私は現在のチームではDP(打撃のみ、野球でいうDH)での出場やスコア付けなどがメインの仕事ですが、健康である限りは続けていきたいです。

趣味でソフトボールを始めて失敗した事・注意点

趣味でソフトボールを始めてみて失敗したと思ったのはこの競技を甘く見ていたことです。

本格的にやればかなり難しいですし、特に投手に関しては素人がレベルアップするのはかなり難しいかもしれません。

あとは大学時代の大会前の練習でメンバーに入れずに腐っていた時期がもったいなかったと思います。

大会のメンバーが練習をしているのを立って見ていないといけなかったので自分の筋トレなどをしていましたが、もっとメンバーのサポートをしてやれば良かったと思います。

大学時代に1度だけ試合に出場させてもらったことがあったのですが、その打席で見逃し三振をしてしまったのも悔いが残っています。

これからソフトボールを始める人へのアドバイスとしては所属するチームがどのくらいのレベルで自分がどのくらいできるのかの見極めが重要だと思います。

やはり他のメンバーの練習をじっと見ているだけでは腐りやすいですし、自分の存在価値を何らかの形で自覚できなければ長くは続けられないと思います。

現在の私の場合で言えばプレー自体ではあまり貢献できませんが、会計の仕事であったり他のメンバーのスコア付けで存在価値を見出しています。

いずれにしても球技が好きであることは条件になってきます。

これから趣味でソフトボールをはじめる初心者におすすめ穴場スポット・おすすめの楽しみ方

趣味でソフトボールの場合はお勧めの穴場スポットなどの紹介はしにくいです。

言えることは野球の場合はフェンスなどがあるキチンとした球場で試合をすると思うのですが、ソフトボールの場合は河川敷などのグランドでやることも多いです。

なので外野の間を抜けたらもうホームランになるという認識でいいと思います。

野球であれば2塁打や3塁打になるところがホームランになるのでその楽しみはあると思いますね。

ソフトボールのおすすめの楽しみ方としては自分の特徴をつかんでプレーすることが大事です。

例えば私の場合は長いことプレーしていますが、ホームランになるような飛距離が全く出ません。

なのでミートをしてシングルヒットを打つか、相手守備の隙をついてセーフティーバントなどで出塁する楽しみをもってプレーしています。

もちろん豪快なホームランが打てれば文句ないのですが、ソフトボールは球が大きくて飛距離を出すにはパワーもいります。

あとソフトボールの場合の盗塁は投手がボールを手を放してからでないとスタートをきれないのでかなり足に自信がある人が盗塁をするのが基本です。

それからソフトボールの試合によっては60分ゲームなど時間を区切って行われる試合もあるので早いうちに点を取っておくのが有利です。

【発表!2019年の注目脱毛サロン3選】
  【ストラッシュ】※「痛みが苦手」な方向け

タッチで見れます⇒⇒ストラッシュ公式キャンペーン  
  【ミュゼ・プラチナム】※「大手の安心感」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒ミュゼ・プラチナム公式キャンペーン  
  【キレイモ】※「予約の取りやすさ」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒KIREIMO公式キャンペーン

<スポンサーリンク>