【地元女性が語る】道新UHB花火大会の人出混雑状況・穴場観覧スポット・穴場トイレ・電車混雑

 

道新UHB花火大会の人出混雑状況~車の交通規制、電車の混み具合

私が行った2018道新・UHB花火大会は毎年恒例のかなりの混雑ぶりで、豊平川河川敷で開催されるので最寄り駅の地下鉄南北線の中島公園駅は毎年花火大会の日は地下鉄の車内は東京都の朝のラッシュアワー並みかそれ以上の大混雑だし、

開催時間が19:40~20:30なのでちょうど会社帰りのサラリーマンの帰宅ラッシュと重なる時間帯でもあるので札幌駅や大通り駅から地下鉄に乗ろうとしても満員で乗れないから、徒歩で中島公園まで向かう人もけっこういました。

札幌駅からだと中島公園駅まで歩いて30分以内には着くので、浴衣姿で駅前通りを歩いている人がたくさんいました。

札幌駅から中島公園駅までは一直線でつながっているし、すすきの駅までは地下歩行空間でつながっているので、時間と体力があれば地下鉄でもみくちゃになりながら乗るよりも3駅くらいなので歩いた方がストレスなく行けると思います。

車で行くなら

ちなみに豊平川の河川敷近くには駐車場がないので、どうしても車で行きたい場合はすすきのの立体駐車場に車を止めてから歩きで行くのが一番いいと思います。

ただ花火大会の当日は豊平方面や中島公園駅周辺の道路は大渋滞になるし、すすきのの立体駐車場は夜は混んでて満車のところが多いから交通渋滞と駐車場探しの労力を考えたら公共交通機関か徒歩できたほうが無難だと思います。

花火大会が始まるのは19:40ですが、その時間帯に行くと豊平川の河川敷は大勢の人で埋め尽くされているのでほぼ確実に場所が確保でききません。

<スポンサーリンク>

河川敷で座って見たい場合は三時間以上前から行っても人がたくさんいるので、昼過ぎとかの明るい時間から場所取りをしている人もいます。なので河川敷で見たい場合は午後三時くらいから行っていた方がいいと思います。

帰りの地下鉄は相当に混雑するので、大通駅まで歩いて帰るのがおすすめです。

道新UHB花火大会のおすすめ穴場観覧スポットは「ノルベサ内にある観覧車の中」「銀行近くの歩道」です

開催場所の豊平川河川敷に一番近いのが地下鉄南北線の中島公園駅なので、中島公園駅まで行ってそこから東側に向かって歩いていくと豊平川が見えてきます。

特に看板や標識などは出ていませんが、当日は大勢の浴衣姿の若者たちが列をなして豊平川の河川敷を目指して歩いているので、その人たちについていけば迷うことはないと思います。

中島公園駅のひとつ先の幌平橋駅も豊平川の河川敷がまあまあ近いので、地下鉄南北線の真駒内方面から乗ってくる場合は幌平橋駅で降りて東側に歩いていけば着きます。

幌平橋のひとつ先の中の島駅からでも豊平川の河川敷に行けますが、中島公園駅や幌平橋駅に比べたらちょっと歩く距離が多くなります。

2018道新・UHB花火大会の穴場スポットは、すすきのにある商業ビルで複合施設のノルベサ内にある観覧車の中です。

観覧車なので一周したら終わりですが、上空がよく見えます。

ノルベサの屋上ではビアガーデンもやっているので、そこからも多少は見えるので、ビールを飲みながらのんびりまったり見たい場合はいいと思います。

あとはすすきのの飲食店ビルの上の方で窓の大きな居酒屋や、中島公園の近くにあるホテルマイステイズプレミア札幌パークや札幌パークホテルやプレミアホテル中島公園札幌などのホテルの豊平川に面した部屋に宿泊すれば部屋の中から人混みや暑さを気にせずにゆっくりと花火大会が楽しめます。

<スポンサーリンク>

ホテルや飲食店は花火大会の開催時は予約で満杯になっている場合も多いし、お金をかけずに無料で花火大会を楽しみたいけど混雑するのは嫌という人は、札幌駅の駅前通りのりそな銀行近くの歩道からも天気がよければ若干の花火は見えるので穴場中の穴場だと思います。

あとは穴場としてはかなりメジャーですが、中島公園の中の池のほとりに花火が見えるスポットがあるので、そこにビニールシートを敷いて見ている人もたくさんいます。ただこれは全ての花火が見れるとは限らないし、いい場所は相当早くから取っておかないとすでに人がいる可能性が高いです。

道新UHB花火大会のトイレ状況~空いてたトイレ

2018道新・UHB花火大会には基本的にトイレはありません。

トイレを利用する場合は地下鉄駅か近隣の飲食店かコンビニになりますが、どこのお店も「商品を購入されたお客様以外の利用はご遠慮ください」と書いてあります。

花火大会の時期は地下鉄のトイレはとても混んでるし汚いし、コンビニのトイレも同じような状態です。

おすすめのトイレは札幌パークホテルのトイレです。

ホテルなのでキレイだし、レストラン利用のお客さんもいるので、外部から来た花火大会の人かどうかチェックもされないので利用しやすいと思います。

花火大会当日は人通りも多いので札幌駅も大通駅周辺もどこの公衆トイレもみんな混雑してます。

そして特に女性は駅のトイレで浴衣の着付けや着崩れを直している人がかなり多いので、トイレの個室がふさがっていてなかなか人が出てこないために長蛇の列ができることが花火大会の当日にはよくありがちなケースなので気を付けた方がいいと思います。

会場近くにはトイレはないし、中島公園駅のトイレはとても混み合うので、あらかじめ札幌駅の大丸百貨店のトイレなどで済ませたほうがいいと思います。

大丸百貨店のトイレは各階にあってキレイだし、着付けを直せるお直しルームのような部屋もトイレにある階があるから女性にはおすすめだと思います。

道新UHB花火大会の屋台場所・時間

道新UHB花火大会の会場である豊平川の河川敷には屋台は全くでていないです。

この場所では札幌市からの営業許可が下りないという話を聞いたことがあります。

会場には屋台はありませんが、会場からほど近いすすきの周辺では屋台がでているときもありました。

すすきののラフィラの近くやすすきのから中島公園に続く通りの通路側にわたあめやキャラクターお面の屋台が出ていました。

屋台はおそらく夕方17時半頃から深夜0時近くまでは出ていたような気がします。ただわたあめ屋は800円から1000円という高価格なのでほとんど買っている人はいませんでした。

札幌駅から大通駅に至るまでの地下歩行空間にフリーマーケットのような屋台が並んでいて、お菓子やパン、野菜やくだものなど様々な物が売っていて、ジャンルも豊富でバラエティーも豊かなので、花火大会の前にそこで軽く買い物をするのもいいかもしれません。

地下歩行空間に物品のお店が出店している時間は色々ですが、だいたい午前中の10時くらいから午後17時くらいまでの時間が多かったと思います。

あとは札幌駅の複合商業ビルのエスタの向かい側にあるパチンコ太陽の隣の歩道に御膳11時から午後22時くらいまでクレープの屋台がでていて、モチモチの生地が美味しいと評判のクレープ屋台なのでいつも購入者が並んでいます。

【発表!2019年の注目脱毛サロン3選】
  【ストラッシュ】※「痛みが苦手」な方向け

タッチで見れます⇒⇒ストラッシュ公式キャンペーン  
  【ミュゼ・プラチナム】※「大手の安心感」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒ミュゼ・プラチナム公式キャンペーン  
  【キレイモ】※「予約の取りやすさ」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒KIREIMO公式キャンペーン

<スポンサーリンク>