歯科衛生士国家資格免許の取り方!30歳女性が必要な道具・費用・勉強方法・失敗しないコツを伝授!

歯科衛生士国家資格免許を取得した年齢・選んだ魅力(理由)・勉強内容・取得まで流れ

私は30歳で歯科衛生士の仕事をしています。
もっている資格名は歯科衛生士の国家資格免許です。

この免許を取ろうと思ったきっかけは私の住んでいる地域の求人を見た時によくこの資格を持っている人を求人している広告がよくみられたからです。

また、よくこの資格があれば仕事にあぶれることもないときいたためでした。

 

取得までの流れは、必ずこの資格を受けるために専門の学校に行かなくてはならないため学校探しから始めました。

夜間の社会人の人用の学校もあります。

今は3年制になったので最低3年学校に通う必要があります。

学校の授業とさらに実習があります。

 

実習では実際に歯科医院に通い、働いている歯科衛生士の仕事を見て勉強します。

実習は1か所だけではなく何か所も通います。

 

大きな口腔外科のある大学病院などにもいきます。

 

実習ごとにレポートを書いてださなければならない学校がほとんどだと思いますので、この実習期間は結構ハードだと思います。

また学校によっては卒業のために卒業レポートが必須のところもありますので、卒業までに自分で調べてまとめたレポートを提出しなくてはなりません。

無事専門の学校を卒業できたら最後は国家試験に受からなければなりません。

その地域の試験会場に行き試験を受けますが、選択式の試験になるので実習などは特にありません。

専門学校での授業内容や問題集を一通りこなしていれば問題なく歯科衛生士国家資格免許試験には合格できました。

1年に1回の試験になります。

<スポンサーリンク>

歯科衛生士国家資格免許取得に必要な道具、費用(補助金)

歯科衛生士の国家資格をとるためにはまず必ず専門の学校で必修科目をうけて卒業する必要があります。

そのためまず入学費用や毎年の学費がかかってきます。

費用については学校ごとに異なってきます。

その他教科書代や、文具代、相互実習などで使う自分用の歯科用具代が必要になります。

夜間学校もあるので、社会人で働きながら通いたいという人は夜間学校を選択すると良いと思います。

相互実習で利用する歯科用具は学校に入学して最初の方で学校側で用意してくれるので、代金を支払うだけで大丈夫です。

基本的には学校に3年間きちんと休まず通い、卒業後に歯科衛生士の国家試験に臨めることができれば取得できると思います。

ただ3年間は実習なども多く、たくさんの病院に行って勉強しなくてはならないので、大変だし負担に感じる方もいるかもしれません。

学校によっては障害者施設や福祉施設、幼稚園など様々な病院以外の施設にも口腔ケアの実習としていくところもあります。
また訪問歯科の実習としてかなり遠方の場所に行くこともありました。

国家試験については1年に1回3月にあります。

専門の学校を卒業していればうけることができ、毎年9割以上が合格していますので、事前対策をしっかりしていれば難易度は低いと思います。

歯科衛生士国家資格免許を取得して感じたメリット(良かった事)

歯科衛生士の資格を取得してよかったことは、求人がたくさんあるということです。

勤務時間や給料、社会保険など自分の希望する勤務先を選ぶチャンスは幅広いと思います。

新卒としてフルで働くことはもちろん、転職先を探す際にもたくさん求人がありますので次の職場をみつけやすいです。

<スポンサーリンク>

また結婚して子供ができた、などの際にも時間の短いパートをしたりブランクありでも雇ってくれるところは多いと感じました。

現在コンビニの1.5倍以上歯科医院は存在していますので、夫の転勤などで違う地域に引っ越しをしてまた新しく仕事を探すときにも歯科医院がない地域はあまりないと思いますので仕事が探しやすいです。

また良い点としては女性の資格者が多いので職場では女性が同僚になることが多いと思いますので同性の友達や知り合いなどは自然と増えると思います。

また歯科衛生士の中でも資格があり、講習や勉強会などに参加してさらにステップアップのための資格をとることもできます。

歯科衛生士国家資格免許取得の勉強を始めて失敗した事・注意点

歯科衛生士国家資格免許取得の勉強で、まず1番大変だと思うのは3年間専門の学校に通い続けることかと思います。

逆にこれができれば資格をとることはそれほど難しくないと思います。

日々のレポートや課題をこなしていく必要があるので、帰宅してからもやらなければならないことが多いです。

授業だけであればそこまで大変ではないのですが、実習がはじまると途端に大変になってきます。

学校ではなく病院に自分で行かなければならず、その病院の診療時間内は実習、見学をしますがその後学校に戻りレポートをしあがなければなりません。またその病院によっては掃除などの仕事もあります。

社会人で働きながら学校に通って人にとっては睡眠時間が削られて実習期間はつらいかもしれないので、なるべく実習中は仕事を少なくできればしたほうがいいかもしれません。

また実習中にはエプロンシアターといって子供用に口腔ケアを教えるためにエプロンを作成したりすることもありますので、裁縫の技術も必要になってきますので、ミシンなどもできればあればいいと思います。

国家試験については学校でも問題集を作成してくれると思うのでそれを何度も数をこなして、間違えたところはやり直すとよいと思います。あまり数をやっていなかったため本番で不安な箇所がいくつかありました。

これから歯科衛生士国家資格免許資格取得を目指す人におすすめな勉強方法(スムーズな取り方)

必要な教材などは通っている学校で用意してくれると思いますので、あとはそれをしっかり覚えていくことが必要になります。

一番は授業をしっかりきいていることが楽かと思います。

学科の試験などは授業中にどこら辺が出題されるか大体教えてくれることが多いし、先生も過去の国家試験の問題を把握していますので試験内容にそって大事なところは授業中にポイントとして教えてくれます。

 

授業をきいているほうが、教科書すべてを暗記するよりもラクでスムーズな方法かと思います。

 

また実習についてはその実習先によってどんなレポートが良いのか変わってきますので、他の生徒との連携が大事になってくると思います。情報があるのとないのではだいぶ負担が変わってきますので事前に実習が終わっている生徒に聞いたり情報交換するとそこでの実習がスムーズにいくかもしれません。

 

卒業試験などがもしある学校であれば先輩にどんな題材を選んだか、どんな点を直さなければならなかったかなどを聞いておくことでかなり卒業論文の作成はラクになりました。

国家資格の試験については難易度はあまり高くないし、選択式なので過去の問題集を数をこなしていくことで似たような問題がでてきたときにすぐわかると思います。

歯科衛生士の仕事内容動画

【発表!2019年の注目脱毛サロン3選】
  【ストラッシュ】※「痛みが苦手」な方向け

タッチで見れます⇒⇒ストラッシュ公式キャンペーン  
  【ミュゼ・プラチナム】※「大手の安心感」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒ミュゼ・プラチナム公式キャンペーン  
  【キレイモ】※「予約の取りやすさ」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒KIREIMO公式キャンペーン

<スポンサーリンク>