【地元の主婦が語る】道新UHB花火大会の人出混雑状況・穴場観覧スポット・駐車場(電車)、トイレ情報!

道新UHB花火大会の人出混雑状況~交通規制、駐車場(電車)情報

私は北海道に住む26歳の女性です。
現在は専業主婦で子育て中です。

私がよく行く地元の花火大会は「道新・UHB花火大会」です。

北海道札幌市中央区にある豊平川で開催される花火大会になります。

市営地下鉄の幌平橋駅から徒歩で5分ほどの場所で打ち上げをされています。

 

まず会場へ行くときの混雑状況やおすすめの行き方を説明します。

私はいつも電車・地下鉄を使って行くのですが、この日の夕方になると、電車も地下鉄もいつも以上に混雑します。

混雑しすぎて、市営地下鉄の職員の方が整備をするほどです。

毎年19時40分から花火大会が開始になりますが、これに合わせていこうとすると混雑しすぎていて、まず会場までたどり着けません。

河川敷にゆっくり座って花火大会を楽しみたいのならば、最低でも30分前には会場につくように逆算して、電車・地下鉄に乗るべきでしょう。

また、車はかなり渋滞し、交通規制もかかるので、公共交通機関を利用する方がまだ動きやすいのではないかと思います。

また、駐車場は用意されていないので、車できたらコインパーキングを探す必要もあります。

公共交通機関を利用すれば、会場にたどり着けなくても、見上げれば花火を楽しめますよ。

道新UHB花火大会からのオススメの帰り方

次に帰り方の説明です。

花火が終わると同時に、一気に人が動き出し、混雑が始まります。

もちろん花火の最中でも、遅れてきた人たちがちらほらと道や地下鉄構内などにいるのですが、花火が終わったあとの比ではありません。

もしも絶対に混雑を避けてスムーズに帰りたいのであれば、花火大会が終わる少し前に動き出すと良いでしょう。

いつも20時30分に花火が終了するので20時20分などに動き始めるのがベストです。

帰りの地下鉄駅に向かう途中でも、見上げれば花火が楽しめますので、確実に混雑を避けたい人におすすめします。

同じように花火が終わる少し前から帰りだす人もいるのですが、完全に終わってから帰る人たちよりもはるかに少数派ですよ。

道新UHB花火大会の穴場観覧スポット(有料観覧席)は「藻岩山」「JRタワー展望室T38」「幌見峠展望駐車場」などなど

道新UHB花火大会をゆったり楽しめる穴場スポットはまず大きく分けて2つあります。

まず高いところから札幌市全体を見る方法と、花火大会会場付近のホテルの部屋で見る方法です。

高いところから札幌市全体を見られる場所は、旭山記念公園や藻岩山、JRタワー展望室T38、幌見峠展望駐車場などが挙げられます。

旭山記念公園・幌見峠展望駐車場は駐車場があるので、車で行くことができます。

藻岩山については札幌市営電車で行くことができます。

JRタワー展望室T38は、札幌駅と直結しているので、様々な場所からアクセス可能です。

この中でもおすすめが幌見峠展望駐車場です。

旭山記念公園・藻岩山・JRタワー展望室T38については、札幌の夜景スポットとしてかなり有名なので、花火大会の際に穴場スポットとして容易に想像がつきます。

その点、幌見峠展望駐車場ならば他の3つほど有名ではないので、さほど混雑しないと考えられます。

カップルなどで本当にゆっくり花火を楽しみたいなら、おすすめです。

夜景も1度に楽しめてロマンチックですよ。

次に、花火大会会場付近のホテルの部屋についてです。

花火大会の会場付近のホテルでは、たとえば中島公園の近くにある札幌パークホテルや豊平川沿いにあるプレミアホテルなどが挙げられます。

<スポンサーリンク>

これらのホテルの高層階を事前に予約しておけば、ゆっくりと混雑を味わうことなく確実に花火大会を楽しむことができます。

ほかにも会場付近のホテルはたくさんあるのですが、花火大会当日は、やはり同じことを考える人が多いので、予約が殺到することも考えられます。

早めにホテルの予約を行っておくことが大切です。

駐車場のあるホテルも多いので、車で移動することもできて、とても便利です。

また、公共交通機関を利用する場合でも早めにチェックインしておけば、混雑した電車などに乗らずに済みますので、本当にゆっくり花火大会を楽しみたいという方におすすめです。

道新UHB花火大会のトイレ状況~空いてたトイレ

道新UHB花火大会でのトイレ。

まず女子トイレについてです。

中島公園のトイレはいくつかありますが、比較的どこも待ち時間がある印象です。

トイレ付近で溜まっている若者などもいるので、あまり利用できない印象です。

付近のコンビニなどで買い物があるときには、トイレを貸してもらうというのも手ですが、コンビニ自体が、花火大会当日はどこも混雑していますので、並ぶことが想定されます。

意外な穴場で、幌平橋駅や中島公園駅などの地下鉄駅構内のトイレは案外空いている印象でした。

地下鉄駅構内だと、みんな移動中で、早く会場に向かおうという気持ちがあるからかもしれません。

空いていることが多いので、私はいつも地下鉄駅構内のトイレを利用しています。

また、中島公園の中のトイレは、公園ということもあって清潔とは言い難いところがあります。

地下鉄駅構内のトイレの方が清掃は行き届いているので、気持ちよく利用することができると思います。

次に、男子トイレについてはやはり女性よりもトイレや身だしなみを整える時間がかからないからか比較的どこも混雑していない印象でした。

実際には入っていないのでわかりませんが、中島公園の中のトイレでも、待ち時間はあまりないようです。

どこのトイレでもよいのではないかと思います。

道新UHB花火大会の屋台場所・時間

道新UHB花火大会では、花火大会としては珍しく屋台があまり充実していません。

中島公園の中の売店で、いろいろと売っているほか、会場まで歩いていく途中でちらほらとたこ焼き屋や焼きそば屋などがあります。

屋台自体も小ぢんまりしています。

たこ焼きを購入したことがありますが、普通の屋台のたこ焼きと味も値段もそう変わりませんでした。

また、屋台が少ないからと言って混んでいるわけではなく、どちらかというとあまり売れていない印象です。中島公園内の売店の近くには、いくつか席があり、そこで飲食をしている人も多く見られます。

ビアガーデンのような雰囲気です。ここで食べたり飲んだり楽しみながら花火をみるという方法もあります。

花火大会の会場は、すすきのが近く飲み屋が多くあるので、屋台の需要が少ないのかもしれません。

ビールを飲んだりおつまみをつまみながら花火大会を楽しみたいという人は、コンビニで購入して自由に飲食しているようです。

また、コンビニもその日は外でホットスナックを売ったりもしているので、軽い屋台のような気分は味わえます。

飲み食いをしたいという方は、屋台は期待せず、持参するかコンビニで用意することをおすすめします。

【動画】2016道新・UHB花火大会 札幌豊平川花火大会花火大会グランドフィナーレ

【発表!2019年の注目脱毛サロン3選】
  【ストラッシュ】※「痛みが苦手」な方向け

タッチで見れます⇒⇒ストラッシュ公式キャンペーン  
  【ミュゼ・プラチナム】※「大手の安心感」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒ミュゼ・プラチナム公式キャンペーン  
  【キレイモ】※「予約の取りやすさ」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒KIREIMO公式キャンペーン

<スポンサーリンク>