【地元女性が語る】東温市観月祭花火大会の人出混雑状況・穴場観覧スポット・駐車場(電車)、トイレ情報!

観月祭花火大会の人出混雑状況~交通規制、駐車場(電車)の実感

わたしの年齢は32歳、職業は痩身インストラクター、性別は女性、住まいは愛媛県、わたしが行った地元の花火大会名は、東温市で行われる”観月祭”花火大会です。

わたしはこの会場の河原のすぐそばが実家なので、実家から歩いて行きますが、電車を利用するなら、伊予鉄道横河原線に乗り終点の横河原でおりて、会場まで歩いて10分ほどかかります。

松山市駅から横河原駅までは電車で約30分です。
料金は520円です。

通常1時間に4便ですが、花火大会の日は臨時便が出ます。

花火が20時頃から打ちあがるので、19時30頃会場入りするぐらいでちょうどいいと思います。

屋台は17時頃から始まっているので、5時6時台から電車が混みだすと思います。

松山市から車で行く場合、松山市駅出発と考えて会場までスムーズに行けて約30分。

18時30分から19時台は国道11号線が混みだします。

会場付近に8か所、合計800台ほど収容可能の駐車場が用意されます。
料金は無料です。

東温市中央公民館や重信庁舎跡地(東温高校前)にも駐車場として開放があります。

この場所の場合、駐車場から会場までのシャトルバス等の運行がないので、歩いて会場に向かわないといけません。

だいたい20分ほどかかります。

帰りは花火のフィナーレが20時50分なので、21時からラッシュが始まります。

花火のフィナーレをきちんと見て帰りたいのであれば、車で帰る場合、22時ぐらいに出発だとピークの渋滞には巻き込まれることがないです。

電車で帰るのも同じで、22時くらいまで会場で待機したほうが、並んで待つ時間もなく乗車ができると思います。

それか、フィナーレが始まる前に帰るのも一つの手だと思います。

フィナーレに背を向けて帰るかたちで会場を後にすれば、松山市内まで車で30分ほどで帰ることが可能です。

ほとんど渋滞はないです。

電車も並んで待つことなくすんなり乗れると思います。しかも席を確保できるので座ってゆったり帰れます。

観月祭花火大会の穴場観覧スポット(有料観覧席)は「お菓子館前の歩道橋の上」「利楽近くの橋」「」

観月祭花火大会にて、わたしがおすすめの穴場観覧スポットは、11号線に”はただのお菓子館”という建物があるんですが、その建物の前にある歩道橋の上です。

その近辺に住んでいる方がちょろちょろ見にこられているのですが、会場で見るよりも人がいない分ゆったり見ることができます。

会場は人の熱気で熱がこもりかなり暑いですが、同じ屋外でも人が少なく、風通りもいい場所なので、夏の夜風に吹かれながら風流に花火見物ができる場所でおすすめの穴場スポットです。

会場付近に”利楽”という温泉施設があるのですが、その施設から見るのもおすすめです。

会場向きの部屋が取れれば、部屋からエアコンが付いた涼しい中、優雅にゆったりと花火を楽しめます。

会場まで歩いて20分ほどですが、歩いて見に行くこともできます。

帰りに汗をかいてもすぐに温泉で汗を流すことができるので贅沢です。

この”利楽”の近くに重信川にかかる橋があるのですが、その橋から見るのも真正面にきれいに花火を楽しむことができます。

人も少ない場所なので、三脚を立てて、写真の撮影もしやすい場所で写真を撮影する方にかなりおすすめです。

車も近所に公園があり、その公園の駐車場や、土手沿いにも駐車スペースがあるので、車で近くまで行けるのも良いところです。
この場所から会場までは歩いて30分くらいです。

<スポンサーリンク>

有料の観覧席

有料の観覧席はタイプ別で値段が変わります。

ペアシートは2名用で自由席。前売り1500円当日2000円です。

・ゆったりファミリー席は4名自由席で前売り3500円当日4000円です。

・ゆったりファミリー席8名自由席は前売り5000円当日6000円です。

このゆったりファミリー席8名を利用したことがあり、愛媛名物の芋炊きを食べながら花火見物をした思い出があります。

火事の危険性があり、数年前から芋炊きがなくなってしまったのが残念です。

この有料席を利用の方にかぎり、会場にすぐ近くの有料駐車場の利用ができます。料金は前売りで1000円です。

観月祭花火大会のトイレ状況~空いてたトイレ

観月祭花火大会の会場内は仮設トイレが設置されます。

去年は消防署の前あたりに用意されていたと思います。

大体会場内に毎年2か所の仮設トイレが用意されていたと思います。

19時くらいから21時くらいまではかなり混雑しています。

特に女性はかなり長蛇の列ができている印象です。衛生的にも仮設トイレなのでかなり悪いです。

無料駐車場の中にも仮設トイレが準備されていますが、やっぱりこちらも込み合っていてほぼ会場と同じような状況だと思います。

会場は川沿いの空き地なのですが、この川沿いに公園がありトイレが利用できます。橋を渡って反対側の公園のトイレが穴場だと思います。

会場から歩いて15分ほどです。

一度使ったことがありますが、ここのトイレはすいていた思い出があります。

その他には歩いて20分ほどのところにある、フジのヴィスタというスーパーのトイレは、少し歩く分すいていると思います。

同じくらいの距離でセブンスターというスーパーがありますが、ここも同じです。

横河原駅のトイレは混雑していると思います。

20分ほど歩けば何かしらのすいているトイレが見つかると思いますが、会場内はやはりかなり並ぶことを覚悟しておいたほうがいいと思います。

観月祭花火大会の屋台場所・時間

観月祭花火大会で屋台が並んでいる場所は、重信川沿いの空き地です。

消防署があり、その前あたりが盆踊り会場になっていて、そこまで屋台が出ています。

距離的には500メートルくらいだと思います。

屋台はメインが17時頃から21時くらいまでやっていると思いますが、その前後もその屋台によって営業しています。

お好み焼き、焼きそば、たこ焼きなど、ご飯のメインになるようなものが混みあっています。それらを夕飯にして花火を見るファミリーをよく見かけます。

わたしは毎年焼きトウモロコシと、から揚げと、フライドポテトを購入していますが、比較的この三つはそんなに並ぶこともなく購入することができます。

屋台が出ている場所はかなり通路を埋め尽くす人なのですごく暑いです。

なるべく早く買えるものをパパッと買わないと体調が悪くなって倒れてしまいそうなので、早く買えるものを選んでいます。

横河原駅から会場に行く途中にもポツポツ屋台が出ています。

そのなかに、かど店という地元で有名なアイスキャンディーとソフトクリームのお店があるのですが、そのお店がおすすめです。

私も毎年アイスキャンディーを買っています。

少し並びますがそんなに時間はかからないのでぜひ食べてほしい地元の味です。

【動画】2016年 東温市観月祭(花火大会)

【発表!2019年の注目脱毛サロン3選】
  【ストラッシュ】※「痛みが苦手」な方向け

タッチで見れます⇒⇒ストラッシュ公式キャンペーン  
  【ミュゼ・プラチナム】※「大手の安心感」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒ミュゼ・プラチナム公式キャンペーン  
  【キレイモ】※「予約の取りやすさ」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒KIREIMO公式キャンペーン

<スポンサーリンク>