【地元民が語る】富士河口湖町湖上祭の人出混雑状況・穴場観覧スポット・駐車場(電車)、トイレ情報!

 

富士河口湖町湖上祭の人出混雑状況~交通規制、駐車場(電車)情報

私は現在32歳女性、神奈川県在中の主婦です。

結婚以前は実家に住んでおり、山梨に滞在していました。

その中で、地元夏のイベントの1つでもある富士河口湖町湖上祭に行ったことがありますので紹介します。

まず湖上祭は8月4日と5日の2日間にわたって催されます。
花火は4日は前夜祭として20時から15分間ほど行われ、5日の本番は19時45分~21時まで行われます。

花火大会が行われる場所は河口湖の湖畔で、花火が上がると富士山を背景に湖に花火が映り、大変絶景です。

交通手段としては
車か電車、バスとなります。

車では夕方にかけて混雑していくので交通規制がされます。

指定の駐車場に車を停めてから花火が見える場所まで向かいます。

しかし車の混雑は午後3時くらいから始まりますので、車で向かうことはあまりお勧めできません。

地元の人は渋滞を考慮して電車で向かう人が多いです。

またバスも利用できますが、ほとんどの人は車か電車が多いかと思われます。

私は友達と3人で電車を利用し、河口湖まで向かいました。

普段は2車両で人数も少ないのですが、大会当日は電車の車両が4車両増えても満員電車の状態でした。

他県から来られる方もいることや、富士山が世界遺産になったことも影響し、外国人の観光客が増えているのも混雑の要因の1つです。

もし他県にお住まいで花火大会に行きたい方は前泊することをお勧めします。

<スポンサーリンク>

富士河口湖町湖上祭の最寄り駅は河口湖駅になります。

そこから湖畔まで徒歩約15分ほどで到着します。

当日は湖畔周辺に屋台が並んでおり、湖畔の周りは花火を見るため場所取りをしている方が多く、また観光客で埋め尽くされていました。

私が湖畔に到着したのは19時前後でしたので、花火を近くで見れる場所はなく、規制線も張られていたので、駅から約20分ほどのバッティングセンターが近くにある駐車場から見ることにしました。

しかしその場所も見物客でにぎわっていましたので、もし花火を近くで見たい方は早めに行った方がよいかもしれません。

実際に花火が始まると音楽にのせて約1万発もの花火が打ち上げられ、連発花火や最後には特大花火が打ち上がります。

ホテルに宿泊されている方は窓から鑑賞している人もおり、本当に圧巻です。

最後の帰り道は混雑からか駅まで1時間ほどかかりました。

しかし車で来られている方は車が動いていないのを確認できたのでもしかしたら帰宅するまでにもっと時間がかかっていたかもしれません。

富士河口湖町湖上祭の穴場観覧スポット(有料観覧席)は「オルゴールの森美術館周辺」「大石公園」

富士河口湖町湖上祭の穴場スポットとして挙げられるのは、河口湖にあるオルゴールの森美術館周辺かと思われます。

河口湖駅から徒歩でここまでくるには正直遠く、車でくることをお勧めしますが、その車も混雑のため、すぐに到着することは難しいでしょう。

混雑の始まらないお昼頃から向かうことをお勧めしますが、最後まで花火を見るとおそらく帰る時間が遅くなってしまうので、花火が終わらないうちに帰宅されるのがよいかと思います。

駐車場は近くに停められる場所がありますが、制限があります。

近くに屋台はありません。

車で行く場合は河口湖新倉トンネルを利用するのが一番の近道でしょう。

このトンネルはここ3年ほどで完成した新しいトンネルで、河口湖までの道のりが一気に縮まりました。

ここまでの説明では穴場スポットとは呼べないかと思われますが、実際に花火が始まると富士山がよく見え、花火もより近くで鑑賞できます。

近くに屋台もないため、混雑も湖畔沿いの場所よりは少ないため、快適かもしれません。

このオルゴールの森美術館は河口湖畔の前に建てられており、湖畔との間にはお散歩コースでもある歩道があります。

<スポンサーリンク>

隣の河口湖美術館までいくと芝生や公園もありますので、のんびりと鑑賞できるでしょう。

またもう1つの穴場スポットですが、大石公園がよいかもしれません。

駅から最も離れた場所にあるため、徒歩で行くと大変時間がかかります。

この大石公園の近くにはキャンプ場兼宿泊施設があり、そこに宿泊されている人からはお勧めです。

普段はラベンダー畑があり、よく観光用のポスターに利用されていたりする場所ですが、当日は花火を見る人が多く来られます。

駐車場も制限されますが、当日電車を利用して徒歩でここまで来る人は少ないでしょう。

多くは前泊の周辺宿泊者か周辺住民かと思われます。

ここから見える花火は富士山、湖に映る花火、ラベンダーとたくさん楽しめるので、この場所から鑑賞したい方は周辺の宿泊施設に前泊するとよいでしょう。

富士河口湖町湖上祭のトイレ状況~空いてたトイレ

富士河口湖町湖上祭の花火大会のトイレ状況ですが、まず簡易トイレは何箇所か設置はされています。

私が鑑賞したときは駐車場近くに3個ほど設置されていました。

しかしトイレを利用するほとんどの人達が湖畔周辺のお店やコンビニでトイレを借りるのが現状です。

最も混雑している場所で借りる場合は並んでいるのを見たことがあります。

そこでトイレを実際に借りたことはありませんが、一度花火を見ながら場所を変えて戻ってくる約30分の間でも並んでいたのを見たので、事前に済ませておくほうがよいかもしれません。

また簡易トイレは駐車場に設置されている場合が多く、そのトイレを利用している人もいたのですが、男性客がほとんどです。

女性はお店のトイレを借りやすいかもしれません。

おすすめなトイレは周辺ホテルのトイレを借りることです。

冷房が効いていて待っている人ロビーで座って休むこともできます。

また並ぶほど混雑もしていないのでおすすめです。

しかし穴場スポットで、もしオルゴールの森美術館で鑑賞する場合は車を利用して近くの施設まで行ってトイレを借りるか、近くの簡易トイレを利用するかになります。

花火大会は1時間15分ほどになりますので、事前に済ましておく方がベストです。

穴場スポットのトイレの混雑状況としてはそこまで混んではいないのですぐに利用できます。

富士河口湖町湖上祭の屋台場所・時間

富士河口湖町湖上祭花火大会で屋台が並んでいるのは、駅から最も近い商店街を抜けた湖畔周辺から沿って河口湖大橋周辺までとなります。

花火大会を見るうえで一番混雑する場所といえるでしょう。

時間帯としては17時頃~21時くらいでしょうか。

花火が終わる時間帯まで屋台がやっていたのを記憶しています。屋台はさまざまでやきそば・お好み焼き・わたがしなどお祭りで一般的に目にする屋台です。

その他にも周辺のお土産店などからも屋台を出しています。

その内容はビールやおでんが多かった記憶があります。

私が友達と鑑賞した際はビールを100円で購入し、各自お好み焼きやソーセージなどを購入して食べながら花火を鑑賞しました。

お子さん連れで来られている方は比較的駅に近い場所や駐車場近くから見ていた方が多く、わたがしやお面など飽きないように遊べるものをお子さんに持たせているのを見ました。

大変にぎわっているのでいつもの倍の声で注文しないとお互いの声が聞こえません。

混雑している中での屋台なので、人気の屋台は並んでいます。

グループで行く場合は何名か分かれて1つは場所を取りつつ、もう1つは屋台で食べ物を購入する方が効率的です。

お財布からお金を出していると時間もかかるので、事前に小銭を用意しておく人がどの屋台でもほとんどでした。

【動画】河口湖湖上祭 大花火大会

【発表!2019年の注目脱毛サロン3選】
  【ストラッシュ】※「痛みが苦手」な方向け

タッチで見れます⇒⇒ストラッシュ公式キャンペーン  
  【ミュゼ・プラチナム】※「大手の安心感」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒ミュゼ・プラチナム公式キャンペーン  
  【キレイモ】※「予約の取りやすさ」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒KIREIMO公式キャンペーン

<スポンサーリンク>