電柱で副収入!大阪在住・36歳主婦に土地使用による権利収入の実態口コミインタビュー!

電柱で副収入の理由は「新居を建築する以前から建っていた」から

大阪在住、36歳主婦、普段は事務員をしている女性です。

普段は主婦業と事務を掛け持ちしています。消極的な副業ですが、紹介します。

我が家には敷地に2本の電柱が建設されています。

敷地に建設されている分の敷地料金が入ってきます。

新居を建築する以前から電柱が立っており、数年後に我が家が土地を購入したという流れになるようです。いつから敷地料金が入っているのか不明ですが、月に数百円単位の敷地料金が入ります。

これは、一般でいうと不労所得に分類されていると思いますが、金額的には少額であるために期待することができません。

それでも家賃収入よりは管理の手間に、管理費用も人件費もかからないことで、生産性が高いと言えます。きっかけは憤然のことですが、あえて土地を購入するならこうした敷地を求めるという方法もあります。

できれば建物に影響のない距離で敷地に入っていればいいのです。とくに気になることは近年、配線が増加傾向にあることです。

<スポンサーリンク>

電力会社の都合で既存の電柱に全て配線を持ってくるという傾向が見られます。

もしくは、近所の誰かが電柱撤去を申し出たら、東方に配線が持ち込まれるということも起こります。

こうした事態を容認したりすると、いつも電力会社の都合と時間で手間を取らされることにもなりますし、電柱の配線が増加して行きます。

そうすると、月に何度も工事のたびに挨拶にこられたり、配線が地上から近くなるので電柱から電柱までの配線がアクセサリーのように増えて行くことになります。

すると健康被害に外観の悪さも気になります。こうした点にならないよう、敷地内の電柱の周辺環境を監視してくことは大切なことです。
懸念することといえばそういうことだけです。

電柱で副収入に必要な道具、費用、知識、技術は?

県庁所在地ごとに差があるのかもしれませんが、当地の電柱関係の収入と言っても月に数百円単位のことで、それはまるで銀行の利子のような微々たるものでになります。

メリットと言えることは積極的にはありません。

なぜなら電柱はなければ越したことはないからです。

近くに電柱があるからと言ってもで電気の通り具合や、停電がないということではありません。

強いていえば、黙っているとなんでもかんでも配線を持ってこようとする電力会社ですから、敷地の電柱に増える配線は自分で管理、非常だと感じたら排除、コントロールしておく必要性があるということです。

それさえ心得ておくと、大丈夫でしょう。

言われるままに、はいはいと聞いているようでは敷地内の電線が満杯という状態になることもあります。

撤去後の配線は、すっきりしていますし元の昭和の時代のスリムさになっています。この方法は仕方なく敷地に電柱がある人向けの話です。

あえて電柱を誘致することは健康面でも良いとは言えませんから、できるだけないほうがいいです。少ない金額で健康の心配があれば、撤去依頼もできるそうです。

ということで、年簡単の長いスパンでみるとお得かもしれない収入源のお話です。

電柱副収入での収入金額、メリットは?

電柱副収入のメリットとしては、家賃収入としては管理の必要性が低いという点にあります。

例えば、
マンションやアパートなどの賃貸経営では、借主とのトラブルが多くて大変なこともあります。

近年では高齢化が進み賃貸物件の孤独死も増加しています。

家賃収入では少額ですが、駐車場管理の次にお得な不労所得かなと思います。

<スポンサーリンク>

管理の必要はなく、強いていえば近年既存の電柱に配線を増加してくることをこまめにチェックしておくことです。積極的な面では管理の必要性を感じることはありません。

しかし、月に数百円という収入はあえて電柱を探してまで副業する方法でもないので、既存の敷地に電柱があれば、もしくは土地を買うならば、電柱がある敷地を選ぶようにするとかという条件で考えてみればいいと思います。

ひとつき、数百円でも長い期間で考えると良い金額になりますから、ながく定住できる土地なら価値がある副業であるとも言えます。

対象者としたら、高齢者や体の不自由な人、女性でも可能になる方法ですね。

定住者が変わる時、結婚などで世帯主が変わるときは、同じく振込先も変えておく必要があります。そのまま以前の持ち主に振り込まれることのないようにだけ注意しておきます。

電柱の副収入での注意点は「振込先の変更」「電線の増設」

料金は家主の口座に振り込まれることになっています。

本業への影響はなに一つなく、自分が仕事をすることもありませんので不労所得に分類されます。

収入はただ振り込まれるのみです。

しかし、土地の持ち主が変わる場合、居住する人物が変わる場合には振込先も変更しなければ元の持ち主に振り込まれるままになります。

結婚などで世帯主が変わる場合にも言えることです。

ただ、収入源としては駐車場や家賃収入よりもやすい、小さなお金ですから期待はできません。

一軒家を購入して生涯にわたりそこに安住するというなら、長いスパンでは金額は蓄積されていきますし、敷地に電柱があってもいいかもしれません。

電柱の敷地料金が欲しいならば、土地を購入するときには右と左と迷うならば、電柱の立っている方の敷地を購入すると良いということが言えます。

前述したように、近年電力会社の都合で既存の電柱に電線が無駄に多く持ってこられるようであれば、その度に監視しておき、電力会社に配線や後から取り付けたものの撤去の依頼を行うということもできるということです。

これさえ注意していれば、大丈夫だと思います。また、健康被害が心配な人は電柱ごと撤去して貰えばいいと思います。

電柱の副収入初心者さんに「続け方(土地を探し)のコツ」「税金面(確定申告など)」をアドバイス

電柱関係の少額な収入源は、何れにしてもあまりお勧めができない方法ですが、不労所得としては駐車場管理やマンション管理の収入よりも人間関係のトラブルが低い、安全で事件性が低く、かつ何よりも楽なのでおすすめです。

すでに既存の電柱があるならば、生活に支障のない位置であれば、そのまま残しておくといいのではないでしょうか。

あえて土地を探すなら、例えば、電柱が敷地の角になり生活に支障が少ないこと、自宅から遠いこと、道路に面していること、建物から遠い位置であれば撤去依頼をせずに残してもいいかなと思います。

ただし、天候の影響を受けて傾倒しても、自宅が損害しない位置にあることを確認したほうがいいです。

そして、敷地料金の金額は大した額ではないので、期待しないことが大切かと思います。

少額で通帳に振り込まれるので年金のようなものと考えて長いスパンで考えておきたいものです。

見る人がみたら、この家は電柱が入るということがわかりますが、金額的にいえばわざわざ他人にいえるような副業でもないので、黙秘しておくといいです。

健康面を考慮してみると、収入面が小額なので敷地から撤去依頼する人も結構多いようです。

【発表!2019年の注目脱毛サロン3選】
  【ストラッシュ】※「痛みが苦手」な方向け

タッチで見れます⇒⇒ストラッシュ公式キャンペーン  
  【ミュゼ・プラチナム】※「大手の安心感」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒ミュゼ・プラチナム公式キャンペーン  
  【キレイモ】※「予約の取りやすさ」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒KIREIMO公式キャンペーン

<スポンサーリンク>