農園貸しの副業で数万円収入!大阪市在住・30歳女性に必要な道具、費用、知識、技術・税金面インタビュー!

農園貸しの副業を選んだ理由は「農地あまり」

大阪市在住の30歳の自営業者、女性です、本業は自営業の事務員として平日勤務していますが、パートさんを雇用しているので最近は主婦業に専念することが多いです。

そうなると収入の確保のためにと副業にも力を注いでいます。私が取り組んでいる副業は何個かありますが、大きな副業では借り農園を主催しています。

これは農地を他人に貸し出して、耕作させるというものです。

近年高齢化による農地あまりは問題になってきていますが、農地を所有していても耕作により運用ができないために他人に貸し出して、畑として利用してもらいます。費用は一月いくらというように、業者や貸主でおおむね定められています。

耕作というのは、野菜や果物を農地で作ることです。農耕器具や肥料、種、植物の苗などは各自で費用を負担して、準備してもらいます。

貸主は借主に農地のスペースを貸し出すだけです。

しかし、細々とした取り決めも実際は決めており、農地を元の状態に戻すことが可能な範囲で耕作は限られています。

<スポンサーリンク>

他にも取り決められたルールにしたがって利用してもらうという結構大変な商売です。

中にはただ、自然に触れたいという方や、収穫体験のみを体験したいという方も多く、そのような利用者はお断りして別の業者を当たってもらうことが多いです。

つまり、放牧地にしておくと鹿やイノシシなどの珍獣が山から降りてきたりして危険なので、畑で作物を作る能力がある人に畑を借りてもらうという仕事になります。対象は畑での耕作、家庭菜園の経験者です。

簡単にいうと、中には借りたままでなにもしない人もいますが、それでも収入は入ってきます。

一番大変な人は借りてから工作せずに料金の支払いもしぶり、契約を更新する方です。

農園貸しの副業を始めるのに必要な道具、費用、知識、技術は?

まず、土地の中でも農地が必要になります。

つまり田んぼよりも畑が良いでしょう。農地が確保できれば、あとは募集をかけるだけでできます。

最近は貸し農園と行って細かな細則が決められていますがルールを作ることも必要になります。

例えば、
耕作地において作っても良いものと悪いものを提示することから、現状維持で返却することに至るまで当たり前のことを決めていきます。あとはとくに、必要ななる知識、費用はありません。

借主は自費で農作業のための道具を準備して、苗と種を確保することになります。

収穫の保証なども設けておらず、借り主の責任のもとになります。

唯一、べんきょうが必要なことは利用者を見極めることです。

過去において野菜ずくりに励んだという経験の持つ者で有れば、第一条件はクリアです。

しかし、こうしたこまめに野菜ずくりに取り組める年代層は、高齢者が多くなります。

中には、畑の土壌を原状回復できないまでに変えてしまう人、周囲に迷惑行為をするものもいるので、トラブル回避のために排除するためにみきわめが必要となります。

契約書に記入してあるから読むだろうという根拠の無い信頼は危険です。

ルールに沿いやすい年代層では借主には少数であることが課題です。

農園貸しの副業での収入金額、始めて良かった事は?

おおむね、ひと月の金額を数百円から数千円と設定している業者が多いと思いますが、年間契約で一括払いで数万円の収入です。

それでも、手にかからない問題の少ない利用者を探すには難しく、大抵はなんらかの問題を起こす利用者が多いです。

なので、管理のために時間を避けれたり、仕方なく注意を行わねばならなくなることもあります。

畑で草を燃やす行為は野焼きとなり禁止されていますが、時々悪きなく堂々と行う老人もいます。

<スポンサーリンク>

こうした人には、周囲から私の元へ苦情が入りますが、年齢の下の自分からは言いにくく、周囲から当人に申し上げてくださいとお願いします。

副業をはじめて度胸がつくことも多く、耕作の上手な人がくるといろいろ教えてくれたりもしますし、収穫物をおすそ分けしてくださったりもします。

あとは畑になった土地は放牧地のように珍獣が山から降りてくることも少なくなります。

トウモロコシや美味しい作物があると狙いにきますが、人がうろついていると、コンスタントには降りてはこなくなります。

他人の家庭菜園の技術を教えてもらうこともできるし、メリットというと畑でのことを共有し合えることはお互いの年齢に関係なく人間同士の交流にもつながります。

農園貸しの副業で失敗した事・これから始める人への注意点は「契約内容と掲示の仕方」

貸し農園は遊びと考えている若者も多いです。

種まき、収穫体験と勘違い、貸し出す側が探しているのは真面目に家庭菜園ができる人なのですが、応募者の中には収穫体験や種まきなど特定のイベントを目当てに借りられる方もいます。

遠方すぎたり、職業柄どうも難しいすぎたりする人があれば断らねばなりません。

以前、飛行機でしか来れないという人を契約してしまい、畑は万年草まみれになりました。

あとは利用契約書は読んでくれなくても、きちんとした冊子のものを渡すことです。

あとから、契約に書いていますよと言えるからです。

インターネットでは公式サイトにあげておくこともいいですね。

時々、契約時に話したのに?という無理を言ってくる人もいますから、契約内容と掲示の仕方は大切ですね。

家庭菜園や農耕といえば甘くなりがちです。でも、土地を貸すこと、耕作の権利を貸すこととしっかりと割り切ること。

なあなあにならずにビジネスと割り切ることが必要です。お年寄りだから、子供がいるからと、いいよいいよ。

というボランティア精神の人ではあとあと、大きなトラブルになる可能性がある商売です。とくに会社としてではなく個人で商売するなら、トラブル回避は心得ておきたいです。

農園貸しの副業を始める初心者さんに「オススメな探し方」や「続け方のコツ」「税金面(確定申告など)」をアドバイス

貸し農園においては個人と業者の違いについて書くと、まず農地は農業者以外が簡単に習得できませんから、農家さんと結婚するとか相続するとかして農地を手に入れるしかないと思います。

あとは、農家さんから農地を借受ける方法でしょうか。

農地を借り受けてから商売をする方法もあります。

例えば
地方の方は鶏卵のビジナスなど農地を借り受けてから組織で展開しているということもありますよね。

ただ、個人で貸し農園を行うとなれば、自分の家の限られたスペースの農地を応用することが多いし、運用できない状態(耕作できないという状態になれば)貸し出すことになると思います。

農地の確保については法律が絡んんでくるためにややこしいですが、現状はどうにも運用できない個人が所有していることが多いということです。

そして田舎の農地所有者は、運用がきかない状態になっても、自分の土地だという認識が大変に強いので、簡単に農地を手放してくれないという現状課題もあります。

個人でビジネスを始めるとしたら農地を所有している方に向いていると言えます。

大きなビジネスなら資金と組織次第では農地を借り受けた後でもいくらでも農業関係のビジネスは展開することができると言えます。

【関連動画】生産緑地で貸し農園はやってはいけない!【相続対策ch】農家・地主の相続対策#8

【発表!2019年の注目脱毛サロン3選】
  【ストラッシュ】※「痛みが苦手」な方向け

タッチで見れます⇒⇒ストラッシュ公式キャンペーン  
  【ミュゼ・プラチナム】※「大手の安心感」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒ミュゼ・プラチナム公式キャンペーン  
  【キレイモ】※「予約の取りやすさ」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒KIREIMO公式キャンペーン

<スポンサーリンク>