副業「パワーストーンブレスレット作成講師」で月6万~10万収入!千葉県在住・本業アロマテラピー講師・50歳女性にインタビュー!

副業「パワーストーンブレスレット作成講師」を選んだ理由は「セブンカルチャースクールからのスカウト」

50歳
通常は、アロマテラピー講師として働いております。
性別は、女性

千葉県在住となります。

本業は、アロマテラピースクールサロン経営なので、美容サービス業となります。

副業は、クリスタルセラピストとして、パワーストーンブレスレットを作成する講座を茨城県のカフェや不動産やさんのイベントでお教えしております。

きっかけは、7年程前に同じ千葉県の成田市でアロマテラピースクール・サロンの店舗を開いていたところ、セブンカルチャースクールという、イトーヨーカドーやセブンアンドアイなどの中に入っているカルチャースクールの営業の人からお電話を頂き、パワーストーンで講師をしてくれないかとスカウトされました。

当時、パワーストーンは店内で扱っていましたがあまり知識がないので、お断りをしようとしたのですが、セブンカルチャースクールの営業の方が成田市の店舗まで来て説得されてしぶしぶ、成田市と八千代市のカルチャースクールで全4回の講座を作り始めたのがきっかけです。

<スポンサーリンク>

パワーストーン店舗で扱っていたのは、アロマテラピートリートメント(マッサージ)を受けにいらっしゃるお客様の中で芸能関係のお仕事をしている方がいらして、ブレスレットを作って欲しいという希望があり、最初は、50個程のパワーストーンでブレスレットを作り提供しておりました。

その当時、パワーストーンを扱える講師がほとんどいないため、セブンカルチャースクールの営業の方が当店のホームページを見て、この人しかいないと思い説得にきたそうです。

もともとは、看護師をしていて、アロマテラピーのスクールに通っている時に、パワーストーンセラピストをお持ちの方と知り合いになり、その方にパワーストーンで行うクリスタルセラピーという施術を教えて頂いたのがきっかけでもあります。

副業「パワーストーンブレスレット作成講師」を始めるのに必要な道具、費用、知識、技術は?

パワーストーンブレスレット講座をおこなうために、パワーストーンに関する書籍を読み、東京ビックサイトで毎年行われるビューティーワールドジャパンに出店しているパワーストーン店の方にお話を色々伺い、作り方などを御指南頂きました。

ビューティーワールドジャパンで知り合ったパワーストーン店の職員からの御指南はその後とても役に立ちました。

パワーストーンブレスレットの講座をおこなうためには、中心に穴が開いたパワーストーンの他に、シリコンやゴムでできている紐(クリスタルライン)、パーツデザイナーと言われるそれぞれのブレスレットの大きさに合わせて作れる台、そして、自作のテキストが必要でしたので作成しました。

現在でもそのテキストを使用して、店舗内やイベント、カフェ、不動屋さんのイベントでパワーストーンブレスレット作りをしています。

 

基本的な知識は、ストーンの並べ方には基本的なベースがあるのでそれを覚える、次にパワーストーンの色によっての効能を覚える、さらにそれぞれのパワーストーンが持つ力の大きさや、チャクラとの関係を覚える、さらに通すだけのパワーストーンブレスレットではなく、編み込んだ形のものもなんども試行錯誤の上に自分だけで編み出した方法あります。

クリスタルセラピーを施術として行う場合は、チャクラに合ったそれぞれのストーン、お客様が寝るベッド、チャクラの状態をお伝えするシートが必要となります。

副業「パワーストーンブレスレット作成講師」での収入金額は6万~10万、始めて良かった事は?

カルチャースクールの場合、授業料はほとんどカルチャースクール側にいくようになるため、私自身の収入は、受講した方々が使用したストーンの代金となります。

通常、2000円~5000円くらいで、値段の高いストーンを使えばその分高くなります。

カルチャースクールでは、40~50代の女性が多くいらっしゃいました。
全4回の講習に、1回約5人平均でいらっしゃる感じです。

<スポンサーリンク>

最初は、カルチャースクールだけでしたが、徐々に噂が広まり、成田空港、カフェや不動産屋さんのイベントで呼ばれるようになりました。

イベントでは、一律の金額を決めて、(例えば1個2000円という感じで)好きなだけ作っていただいています。

パワーストーンブレスレットというと大人の人が作るイメージが強いですが、イベントで作る場合は、圧倒的に小学生以下のお子様が多いです。

中には、一人で3個くらい作っていく人もいます。

親御さんからすると、小さいうちから本物に触れさせて多くの経験をさせたいという気持ちから、子どもが作る事が多い良いです。

さらに、ブレスレットになるストーンを選び作っている間に、他のお買い物や用事を済ませる親御さんも多くいらっしゃいます。

子どもを安全に見守ってくれて、さらには、子どもがあきずに作ってくれるパワーストーンブレスレット作りのイベントは、日々忙しい親御さんにとっては助かるイベントの様です。

1つのイベントで平均して20~30個くらい作ります。

クリスタルセラピーは、30代の女性が受けることが多く、こちらは裏メニューとして現在もおこなっております。

1回の施術代は、9800円です。

副業「パワーストーンブレスレット作成講師」で失敗した事・これから始める人への注意点は?

最初に、カルチャースクールでパワーストーンブレスレット講座を開始した当時はあまり知識がなかったので、講座の後に調べてメールでお知らせする事が多くありました。

私の感覚だけでストーンも選んで仕入れていたので、明るめの色のストーンが多く、アンバーな色合いを好む方が体験だけきて、実際の講習会は受けないという事もありました。

さらに、ストーンを円にして結ぶだけなのですが、意外とこれが大変でゆるみが出てしまったり、上手く結べなかったりで、手際よくできるようになるまではかなり時間がかかりました。

カルチャースクールでの講座が多くなると、その当時はアロマセラピストとアロマテラピー講師の両方をしていましたが、時間に追われるのでいっぱいいっぱいで、カルチャースクールに行く日は、もともとの店舗でのアロマセラピストとしての業務やアロマテラピー講師としての業務ができないので、カルチャースクールでの講座を月に何回入れるかでかなり悩みました。

現在でも、イベントにいく時は、店舗をお休みしていかなくてはいけないので、スタッフにパワーストーンの知識が技術を教えてなるべくスタッフが行くようにしているのですが、私が行かないとイベントにきても帰ってしまうお客様もいるため、今後の課題となっています。

副業「パワーストーンブレスレット作成講師」を始める初心者さんに「オススメな探し方」や「続け方のコツ」「税金面(確定申告など)」をアドバイス

パワーストーンを使ったブレスレット作りは、教えていてもとても楽しいものです。

ただ、受講したり、作りに来る方は、パワーストーンの知識を多くお持ちの方がいらっしゃる事もあるので、すぐに答えられるように資料はしっかりそろえておくのがお勧めです。

さらに、1つ1つパワーストーンには深い意味があり、合わせる事でまた意味も変わってきます。

パワーストーンに関わる仕事をする際には、事前にパワーストーン講座を受けて知識を深めたり、パワーストーンを扱う店舗で働くのもお勧めです。

基本的に玉に行う副業の場合は、年間20万円を超えないようにするのがコツです。

それ以上の収入になる場合、継続して業としておこなう場合は、個人事業主として税務署で登録し青色申告することをお勧めします。

個人事業主として登録すれば、開始した日より2か月前にさかのぼり仕入れた材料費などが経費として落とせます。

1回2回くらいのものでしたらそのままでも良いと思いますが、事業として確立しつつある場合は、自分が損をしないように仕入れとしてストーンを購入できるようにしておくのも大切な知識となります。

さらにクリスタルセラピストの場合は、目に見えるような変化がないためにお客様に感じ取っていただけるだけのしっかりとした知識と技術が必要です。

【発表!2019年の注目脱毛サロン3選】
  【ストラッシュ】※「痛みが苦手」な方向け

タッチで見れます⇒⇒ストラッシュ公式キャンペーン  
  【ミュゼ・プラチナム】※「大手の安心感」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒ミュゼ・プラチナム公式キャンペーン  
  【キレイモ】※「予約の取りやすさ」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒KIREIMO公式キャンペーン

<スポンサーリンク>