夏の甲子園~高校野球の試合を彼氏と観戦した25歳女性が座席チケットの購入方法・値段、行き方・帰り方のコツを公開中!

 

夏の甲子園~高校野球の1回戦試合を彼氏と観戦!試合内容

25歳、女性、職業主婦、都道府県は三重県に住んでいます。
第97回全国高校野球選手権(2015年の夏の甲子園)を観にいきました。

当時の彼氏(現在の主人)と観戦しにいきました。
1回戦の1試合のみ観戦しました。

応援している高校が2試合目だったので、1試合目から観に行こうと思ってましたが、予想外に観客の人が多く、全然中に入れず、結局応援している高校の2試合目から観戦しました。

当日はとても暑く、この中でよく野球できるなぁと驚きました。

試合の内容は、とても良く、感動出来る試合でした。

強豪の高校と当たってしまい、思い出に応援に行こうと思っていましたが、初出場にもかかわらず、勝ち、一回戦突破しました。とても嬉しかったです。

<スポンサーリンク>

ギリギリの試合で、どっちが勝ってもおかしくない状態でした。ハラハラドキドキしながら観ていたのを覚えています。

最後の最後にサヨナラで試合を決めてくれてとても楽しかったし嬉しかったです。また、とても暑い中ピッチャーの子はよく投げ切った、ナインのみんなも良く守ったと誇らしかったです。

次の試合も観れたのですが、暑い、疲れたなどで応援している高校の試合1試合だけ観戦して、甲子園を後にしてしまいました。今思えばもう少し観てから帰れば良かったと後悔しています。残念です。

プロ野球とは違い、甲子園にかけてる思いが高校生は全然違うと思います。そのような試合を1試合でも観れたのはとても良かったと思っています。

甲子園の3塁側の内野位置の自由座席チケットを購入!その購入方法・値段

3塁特別自由席を購入しました。

わかりやすく言うと、3塁側の内野席です。指定席ではなく、自由席なので、運が良ければ前の方で観戦できます。

私達も前の方に座れて観戦できたので良かったです。

しかし、暑い日で、屋根もなく、日差しもちょうど差し込んできて暑くて、眩しかったです。しかし、ブルペンが目の前で、投球練習なども良く観れたので良かったと思います。

購入方法は当日並んで買いました。甲子園最寄りの駅すぐあたりから列ができており、みんな並んでいました。とても長時間並んで待っていたと思います。1試合まるまるくらいは並んでいたと思います。

実際観客の中には第1試合を観にきたのに、とても並んでいてチケットも買えず、外野の自由席も空いていなくて観れなかった人もいらっしゃったようです。

当日並んで買うなら、第1試合が始まる前にチケットを買った方がすぐ観れますし、席も確保出来るので出来るだけ早く行った方が良いと思います。

3塁特別自由席の当時の値段は、1500円だったと思います。

プロの野球の試合に比べたらとてもとても安いので、全然出せる値段です。

バックネット裏の中央特別指定席(当時の高校野球選手権で唯一の指定席)も2000円くらいと安いので、指定席も良いと思います。

しかし、中央特別指定席はすぐに売り切れてしまうので、当日買うつもりなら本当に早く行かないと買えないと思います。

チケットの買い方は、席の専用窓口に言うだけなので、簡単だと思います。並んでいる時から座りたい席の窓口のところに並ぶので、並ぶ列さえ間違わなければ問題ないと思います。

どの席の窓口かは、窓口の上部に電光掲示板があり、そこに表示されているので、間違わないと思います。

並ぶのも嫌という場合には、中央特別指定席と1、3塁特別自由席は前売り券もあるので、購入を考えてもいいと思います。

夏の甲子園はとにかく暑いので、長時間並ばないのも一つの方法だと思います。

<スポンサーリンク>

四日市駅から甲子園までの行き方(駐車場)、宿泊、スムーズな帰り方

全て公共交通機関で行きました。電車、バス電車です。

自宅の最寄り駅から四日市駅まで行き、そこから予約していた高速バスで大阪へ行きました。
大阪の梅田に到着し、そこからは電車で移動し、甲子園へ行きました。

乗っていれば勝手に行き、到着してくれるので、とても楽チンでした。

高速バスだけは、予約し、1人2500円で大阪まで行けました。

時間も2時間程度だったので、とくに苦もなく楽しい旅行でした。

このバスは、事前予約したら安いとかいうバスではなく、一律でこの値段なので席が空いていたら当日でも同じ値段で買えるバスでした。

探せばもっと安いバスもあったと思いますが、自分たちが楽に行けて、それに安めの手頃な値段で行けるいいバスだと思います。

1泊する予定だったので、荷物を持って歩ける、預けられるのが心配でしたが、バスなのでトランクに入れてもらえました。

また、午前中に着くバスだったので、ホテルに荷物を預けてから大阪を回ることもできました。

甲子園からの帰りは比較的すぐに帰れました。

観客みんな見たい試合が違うので、試合中に帰ればすぐに楽に帰ることができました。

買える前に甲子園博物館も有料ですが、見学することもできてとても楽しい甲子園でした。

見たい試合が終わって帰ると人混みに出会うことなく帰れました。帰りの電車は満員ほどではないですが、座れはしないのでそこだけは注意です。

宿泊方法は、事前に安いホテルを予約しました。1ヶ月くらい前に予約したので、とても安くて便利なホテルでした。

駅からは多少遠かったと思いますが、大阪はどこでもお店があり、見ているだけで楽しかったので、とくに遠くにも感じませんでした。

ホテルのベッドはセミダブルでしたが、全然狭く感じず、とても寝心地が良かったです。また、浴衣なども付いており、持ち物も減って良かったです。

アメニティも付いており、フロントでは入浴剤がいろいろ種類があり、歩いた疲れも取れて、とても良いホテルでした。

夏の甲子園~高校野球観戦でのおすすめの落ち物、グルメ

夏の甲子園に行く際には暑さ対策グッズを持っていかなければならないと思います。

熱中症になると思います。席によっては日陰はなく日光が直接入ってくるので、大変です。

タオルは必需品です。汗を拭いたり、頭にかけて日光を遮ることも出来ます。2枚程度あれば大丈夫だと思います。

保冷剤や、叩けば冷たくなる瞬間保冷剤みたいなものもあると便利です。

甲子園は涼しいところがとにかく少ないので。涼しくなるグッズもあったほうがいいと思います。100円ショップで大抵のものは置いてあるので私は買って行きました。

また、水分はとても大切です。経口補水液も1本あるといいと思います。汗もかなりかくので持って行ったほうがいいと思います。チケットを買うまでも暑いのであったほうがいいです。

暑い時のお酒はとても美味しいので、飲みすぎると思います。お酒飲んだ後は普通のお水が1番です。お水も持って行ったほうがいいと思います。

高校野球選手権は、知らない高校生がたくさん出場してるので、ラジオなど、実況が聞けるものがあるとより野球の試合を楽しめると思います。

対戦相手や、応援してない高校生達は知らないことが多いので。私達は持って行って良かったと思ったグッズのひとつです。

甲子園では名物があるので、それを楽しむのも楽しみのひとつです。

甲子園カレーがその代表だと思います。とても美味しいので、食べてみてください。

また、甲子園限定の食べ物もあるので、お酒と一緒に楽しむのもいいです。

【発表!2019年の注目脱毛サロン3選】
  【ストラッシュ】※「痛みが苦手」な方向け

タッチで見れます⇒⇒ストラッシュ公式キャンペーン  
  【ミュゼ・プラチナム】※「大手の安心感」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒ミュゼ・プラチナム公式キャンペーン  
  【キレイモ】※「予約の取りやすさ」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒KIREIMO公式キャンペーン

<スポンサーリンク>