甲子園プロ野球の阪神対広島試合!ベテラン42歳女性が座席チケットの購入方法・値段、行き方・帰り方のコツを公開!

甲子園プロ野球の阪神対広島試合を観戦!2017年9月18日試合内容

42歳女性で、パート勤務をしています。兵庫県在住です。

私は広島カープのファンなので、毎年、阪神対広島の試合を見に行っています。

子どもが3人いるので、あまり暑すぎる時期や、寒い時期ではない時を狙って行っています。4,5月、9月が多いです。
去年は、9月18日に行きました。

その日勝てばカープは優勝。本拠マツダで負けていたり、台風の影響で直前の試合が中止になったりしたため、たまたまチケットを取っていたその日が、優勝決定戦となりました。

普段は、阪神ファンが圧倒的に多い甲子園。

広島は、ビジターの中ではファンが多い方ですが、その日は優勝がかかっていたため、広島ファンと阪神ファンがちょうど半々くらいでした。目の前での胴上げは避けたい阪神ファンと、優勝を決めたい広島ファンの熱気で、いつもと違う雰囲気に包まれていました。

その異様な熱気ばかりが印象に残って、試合の内容ははっきり言ってあまり覚えていません・・。
覚えているのは、野村祐輔が好投したことくらいです。

あまり打ち合いの試合ではなく、投手戦な感じでした。

どっちの声援もすごくて、カープが点を入れた時に、熱くなったファン同士が小競り合いになった場面もありました。

カープの優勝が決まった瞬間、ナインが球場の真ん中に集まり、胴上げ。ファン同士、ハイタッチし合ってすごく盛り上がりました。写真を撮る人もたくさんいました。

<スポンサーリンク>

阪神ファンの人たちは、あーあ…という放心状態のような方が多かったです。

緒方監督のインタビューがスクリーンで映され、涙ぐんでいる姿に、ファンの方も感激が抑えらえない感じでした。

試合中はピリピリムードでしたが、最後は阪神ファン側からも、球場全体から拍手がわき、温かい雰囲気でした!

甲子園のレフト側外野位置の座席チケットを購入!その購入方法・値段

見に行った9月18日の甲子園の阪神対広島試合は、私がカープ側に座りたかったため、あえてレフト側外野席を取ってもらいました。

友人に取ってもらったので、どういう方法で取ったのかは不明です。

レフト外野席、中段でした。お値段は、大人2200円、子ども700円でした。

普段は、息子が阪神のファンクラブに入っているので、ファンクラブのサイトからチケットを取っています。

会員だと少しチケットの値段が安く、
外野席だと、

・平日は大人1700円、子ども500円

・休日は1900円、子ども600円

です。

アルプス席だと、
・平日は大人2300円、子ども900円

・休日は大人2500円、子ども1000円

です。

いずれも一般のチケットより100円から200円お得です。

年間に何度も行く方や、大勢で見に行く方なら、ファンクラブに入ってしまう方がお得だと思います。

甲子園での試合は、本当に人気なので、金曜のナイターや土日のチケットは、かなり早い段階で売り切れてしまいます。

巨人戦や広島戦は人気のカードなので、特によく売れています。3月のチケット売り出し時に、年間で行きたい日をチェックし、まとめて購入するのが良いと思います。

一般の方は、チケットぴあやローソンチケットなどで購入できます。

ファンクラブの知り合いがいる場合は、その方に取ってもらう方が、割安なだけでなく、その試合のイベント情報もわかりますし、希望の席を選びやすくなります。

小さいお子様がいる場合は、なるべく端の席を取ることをおすすめします。

トイレに行きたい、じっとできないなど、お子様がいると頻繁に席を移動しなければならないことが多いですよね。

でも、通路が狭いので、すごく移動しづらいです。端の席にいたらその点すごく助かります。

また、大人数で来る場合は、横並びの席より、2列にわかれて前後で席を取る方が、意外に話しやすいですし、移動もしやすくなります。

小学生くらいのお子様がいる場合、前に子どもを座らせて後ろから様子を見る方が、目が届きやすいです。

最後に、席種は、じっくり観戦したい場合は内野席、にぎやかに応援しながら見たい場合は、外野席がオススメです!

阪神尼崎駅から甲子園までのおすすめな行き方(駐車場)、宿泊、スムーズな帰り方

自宅は、阪急宝塚線沿線にあります。

<スポンサーリンク>

普通に行くなら、阪急で梅田まで出て、梅田で阪神電車に乗り換えです。一番早く乗り換えも少ない行き方です。

時間に余裕があり、交通費を抑えたい時は、阪急で今津駅まで行き、今津で阪神に乗り換えというルートもあります。
帰りの阪神電車は、上りも下りもものすごく混むので、なかなかスムーズには帰れないですよね。

満員電車が嫌な方は、JR甲子園口から乗るのもよいかもしれません。

ただ、1.5キロほど歩くか、バスで行かないといけないので、試合で疲れた後は少しきついかも…。満員電車とどっちを取るかですね…。

金銭的に余裕があれば、タクシーで梅田あたりまで出るのがラクです。

車が使えれば一番便利なのですが、甲子園の周りはあまり駐車場がないですよね。

我が家の場合、阪神尼崎駅が、阪神電車の駅では一番自宅から近く、駅周辺の駐車場は充実していますので、子連れで行く場合に限り、阪神尼崎まで車で行っています。

満員電車は抱っこして、尼崎まで少しのガマン。そこから乗り換えとなるとまた大変ですが、途中まででも車で来ると、帰りはラクだなぁと思います。

少し時間をずらして帰るのも、スムーズに帰れる方法だと思います。

デイゲームの場合は、グッズショップなどに寄り道するだけで、随分駅までの混雑も緩和されています。

ナイターの場合は、少し早めに帰るとすごくスムーズです。

 

でも、負け試合ならそれでも良いですが、勝っている時は最後まで見たいですよね!

最終回になったら、席から離れて通路に出ておき、通路で勝利の風船を飛ばしたあと、ダッシュで駅まで向かえばそれほど混雑なく乗れると思います。

言うまでもないことかもしれませんが、帰りの大混雑の中、切符を自販機で買うのは不可能に近いです!必ず、着いた時に切符を購入しておきましょう。

宿泊についてはよくわかりませんが、神戸も大阪も近く、30分以内で出られるので、甲子園の近くで宿泊場所を確保しなくても、どちらかに出れば大丈夫と思います。

飲食店も神戸大阪の方が圧倒的に多いので、試合を見て、街に出て飲んで泊まる、という形がお勧めです。

9月の阪神対広島の甲子園観戦でのおすすめの落ち物、グルメ

阪神対広島の甲子園観戦で持って行った方が良いものは、まず座布団のようなお尻に敷くものですね!新聞紙などでもいいです。

長時間、甲子園の椅子で応援していると、お尻が痛くなってきますので…。音楽ライブの場合は、ほとんど立っているから要らないでしょうが。

真夏以外は、上着、羽織るものがいります。

暖かいから大丈夫と思っていても、独特の浜風が意外に寒いです。ナイターは特に。

デイゲーム観戦の場合は、帽子、日焼け止めなど、日焼け防止グッズが必須です。屋根がなく、ほとんどの席が日陰になりません。

数時間陽にさらされることになります。涼しい時期でもいつの間にか日焼けしてしまっています。

飲み物、食べ物は結構充実していますし、特に飲み物は売り子さんがマメに席を回って売りに来てくれます。

売り子さんとの会話を楽しんでおられるお客さんもいます。

食べ物は、売店にポテトや焼き鳥などつまみ系、チュロスやアイスなどスイーツ、各選手おススメのお弁当、カレーなどがあります。

ただ、割高にはなります。

持ち込みはオッケーなので、飲み物やお弁当など、私はいつも持ち込みにしています。アイスや唐揚げなど、少しつまみたくなった時に買いに行っています。

グッズに関してお勧めなのは、
応援バット、ユニフォームまたはTシャツ、帽子、ジェット風船です。

お勧めというより、ファンの方にはほぼ必須というほど、着用率・持参率は高いです!

初めてで何も持ってない場合は、とりあえず応援バットと風船を球場で買いましょう!両方買っても1000円程度です。

球場の通路は狭いので、持ち物はコンパクトにまとめる方と邪魔にならないです。

荷物は最低限にして、リュックにひとまとめにしたり、なるべく使い捨てのものにしたり、応援バットとタオルは肩にかけたりなど、邪魔にならないような工夫をして行くと良いです!

【発表!2019年の注目脱毛サロン3選】
  【ストラッシュ】※「痛みが苦手」な方向け

タッチで見れます⇒⇒ストラッシュ公式キャンペーン  
  【ミュゼ・プラチナム】※「大手の安心感」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒ミュゼ・プラチナム公式キャンペーン  
  【キレイモ】※「予約の取りやすさ」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒KIREIMO公式キャンペーン

<スポンサーリンク>