ピアノを習うなら!5歳からピアノを始めた32歳専業主婦が必要な道具・費用・失敗しないコツを伝授!

ピアノをいつから習い始めたか?選んだ理由・目指す大会など

私は現在32歳の専業主婦ですが、昨年まで高校で英語教員をしていました。

私自身は5歳の時からピアノを習い始めて高校2年生までピアノを続けました。

現在では、家にピアノもないので弾くことはありませんが、子供ができたらぜひピアノかなにか楽器を習わせたいなぁと考えています。

習ったきっかけはおそらく、自分の母親の憧れの習い事だったことと、当時の幼稚園ではやりの習い事だったのだと思います。

私自身はお嬢様のような気持ちで嬉しかったです。

教室にいくまではピアノを触ると音も簡単に出たので楽しかったです。

ただ、最初に習った教室の先生が予想以上に厳しく、他の生徒と比べるので次第にピアノ教室にいくのら億劫になりました。

ですが、音の組み合わせでキレイなメロディーが流れることに感動したのは覚えています。

<スポンサーリンク>

私はヤマハ等の有名音楽教室には通っていなかったので、特に大会やレベル取得はありませんでした。

年に2回のコンサートと、市が主催するピアノコンクールに出ました。

ただ、市のコンクールは子供なら誰でも出られる大会です。人前ではせいぜい学校の合唱コンクールや催し、行事でしか弾くことはありませんでした。

ピアノを習う上で、華やかな部分はありますが、その華やかな部分を成功させるためには日々の練習が重要です。

退屈に感じがちなハノン等の指の練習はたくさんした方が指が動きますが、苦痛でもありました。

教室を変わってからはジャズでコードを習ったり、比較的自由に学べて楽しかったです。

ピアノを習い始めるのに必要な道具、費用、カリキュラム概要

ピアノが必要です。

アップライトピアノであれば防音室は必要ないですが、グランドピアノは一軒家でも防音室が必要でしょう。

ピアノのレベルが上がれば上がるほど、音量も大きくなります。

マンションの場合はアップライトでも防音室、もしくは電子ピアノでないと厳しいかもしれません。

ピアノの他には楽譜、練習曲や作品集などレベルに応じて様々な楽譜を購入する必要があります。

ピアノ教室に通う場合は素敵な楽譜入れ用のバッグを購入もしくは手作りされるお母様が多いです。

楽譜は楽譜集で三千円程度、単曲のみですと、千円もしないものがあります。

また、オンライン上でも最新のミュージシャンのピアノ編曲楽譜なんかも買うことができます。

安いものだと二百円くらいからあります。
お子さんが小さい場合はペダル位置を変えるものも必要です。

カリキュラムは個人の先生についていたので、個人個人に対応していましたが、ハノンで指慣らしをし、ツェルニーなどの教本をしてから、毎回ショパンやベートーベンなどその時々の大曲をしていました。

小学生高学年の頃にはショパン等を弾くことができました。短くてもいいので、毎日練習したおかげで、様々な曲を弾くことができました。

ピアノを習い始めて感じたメリットは「人前にたつことが苦痛ではなくなった」「人生を通して音楽を楽しむことができた」こと

毎日なにか集中して取り組む習慣が身についたことは非常にありがたい経験だと思います。

もちろん音感やリズム感等も養われたので、人生を通して音楽を楽しむことができる利点があると思います。

また、手と脳は密につながっていると聞きます。

ですので、小さい時から指を動かすので頭の体操になっているかもしれません。

また、楽譜を読むルールを幼い時から勉強するで、思考力が鍛えられます。

<スポンサーリンク>

ヨーロッパの作曲家を中心に、曲が作られた背景に興味もでるので、早い段階から世界に目を向けることができたように思います。

小学生からある程度ピアノが弾けると、表舞台に立って合唱コンクールの伴奏や校歌伴奏、演奏等のチャンスに恵まれます。

ですので、度胸や緊張した際の感情のセルフコントロールが訓練されるようになるので、人前にたつことが苦痛ではなくなります。

私はしませんでしたが、教室によってはリズム体操を取り入れているところもあります。

体の動きと音楽を合わせることで、リズム感もより一層高まるでしょう。

また、別の教室では老人ホームの慰問コンサートを主催していて、社会貢献に積極的やところもありました。日本では若者がボランティアに参加する率が少ない状況で、良い取り組みでしょう。

ピアノを習い始めて失敗した事・注意点(失敗しないコツ)

先生との相性はあると思います。

ただ優しいだけだと、幼い子が自主的に練習を毎日続けるのは難しいです。

ほとんどの子は毎日練習するということが難しいです。

経歴や実績があり、相性の良い先生が幸運にも見つかったら、あとは両親も協力して毎日練習する仕組みを作りましょう。

家庭学習と一緒です。

中学校で上がる時や高校に進学する時に、ピアノを続けるかやめるかの選択肢がまずやってくると思います。

私は高校2年でやめてしまったのですが、一度やめてしまうとほぼ手が動かなくなってしまって非常にもったいない思いをしています。

せまて一曲でも完璧に演奏できたら特技にできるのにと後悔しています。

音楽の道に進まない限り、ピアノを習っている期間で自分が弾ける楽曲数は限られています。

当時は先生にオススメされる曲を多く弾いていましたが、もう少し自分でいろんな曲をきいて、これが弾きたい、あれが弾きたいと自分からリクエストすればよかったなぁと思います。

ただ、じぶのレベルを考えず、簡単すぎる曲一方で難しすぎる曲を選ぶと演奏していて楽しくないので、何事も担当の先生によく相談してから演奏する曲を決定することをオススメします。

我が家は一軒家だったので、防音室は建てずに、アップライトピアノをおいていましたが、夏場は窓をあけて演奏していたに、ご近所に迷惑だったかもしれないと思います。

5歳からピアノを習わせ始めるママにおすすめの講座・教室・先生・教材(本など)の選び方や続け方

大人から習い始める方は、そう簡単には難しいことはできないかもしれないけれど、簡単な音の組み合わせでも十分に素敵な曲を演奏できるので希望を持ってくださいということです。

またお子さんが始める場合には練習計画やスコアチェックなど、多少なりとも保護者の方の助けがあったほうが軌道にのりやすいです。

また、始めたらやはり自分の曲に興味をもって曲の生まれた背景を調べて理解しましょう。

曲に対する興味が全然違ってきます。

また、やる気がわかない時は偉大な作曲家の本を読んだり、ピアノ漫画を読むとテンションがあがるので、おそらくピアノを弾きたい欲が再び湧くでしょう。

オススメは恩田陸さんのピアノ本や、漫画、ピアノの森、kissなどです。

多彩な才能を読むことであれもこれも弾いてみたくなります。

先生は自分の、もしくはお子さんの性格を考慮して、自分やお子さんと合う先生を見つけるまで根気よく探しましょう。

演奏会を覗いてみるのもよいかもしれません。

【関連動画】将来有望な4才の天才ピアニスト

【発表!2019年の注目脱毛サロン3選】
  【ストラッシュ】※「痛みが苦手」な方向け

タッチで見れます⇒⇒ストラッシュ公式キャンペーン  
  【ミュゼ・プラチナム】※「大手の安心感」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒ミュゼ・プラチナム公式キャンペーン  
  【キレイモ】※「予約の取りやすさ」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒KIREIMO公式キャンペーン

<スポンサーリンク>