「介護初任者研修」資格の取り方!24歳女性が必要な道具・費用・勉強方法・失敗しないコツを伝授!

介護初任者研修を取得した年齢・選んだ魅力(理由)・勉強内容・取得まで流れ

24歳 介護 初任者研修 取得時23歳

23歳で特別養護老人ホームに入社
無資格で入社となりましたが資格取得制度があると知り会社に交渉したところ受け入れて下さり
入社というかんじになりました。

わたしの母が看護師をしており、
その影響でわたしも医療や福祉の仕事をしたいと考えておりました。

看護学校に入学しましたが、あまりにも過酷で逃げ出してしまい退学となってしまいました。

しばらくバイトをしたり製造の会社に勤務したりしていましたがやはりどの会社もやりがいに欠けており、わたしのやりたいことは何か色々と詮索しておりました。

<スポンサーリンク>

 

すると母が病院から介護施設に勤務することになり、介護の話をよく聞くようになりました。

母は新卒からずっと病院勤務でしたので介護施設は病院とはまた違った雰囲気であること、
日々の業務は看護師ではなく介護職主体であり

毎日大変そうで日々ドラマのある職場ですが
あなたに向いてそうなほどやりがいのある仕事に感じるというように聞きました。

はじめはお年寄りのお世話でしょ?と
あまり気に止めてなかったのですが、
母の介護のはなしを聞いているとどんどん
介護への興味が湧いて行きました。

看護学校もろくに通えなかった自分ですが、
いつしか介護の仕事をしてみたいと思い
入社をするためにいろんな介護施設の
企業へ問い合わせをしました。

 

そこからいまの職場にたどり着き、
介護初任者研修の資格取得への後押しも
あると知り働きながら受講することに
なったという流れです。

「介護初任者研修」資格取得に必要な道具、費用(補助金)

わたしは受講前に介護施設に勤めておりました。

初任者研修の講座自体は勤めていた介護施設の嘱託病院の所属する医学会での受講となり、
そこでの費用はテキスト代を含めて六万円ほど。

さらに介護施設で資格取得後半年は勤務するという
お約束がついて、会社からは補助金の支給が
四万円
ありました。

実質二万円で受講できたので感謝してます。

 

基本的には講習とグループに分かれて
介護施設での実習をして修了試験を行い
資格取得後という流れです。

とくに勉強が必要というわけではありませんが、
働きながら取得するならかなり時間を割くので
会社が協力的でないと難しいと感じます。

実習も丸二日はかかりますのでお休みを
取らなくてはならなくなります。

 

わたしの場合は夜からの講習でしたし、
主催が会社の嘱託病院ということもあって
資格取得優先というようなかんじでしたので
会社も理解を示してくれて通いやすかったです。

何名か同じ会社から資格取得のために
講習にいくことになったかたもいたので
心強く感じました。

 

講習自体はあまり勉強勉強といった
感じではなく、さらっと基礎概念などを
読み解くような場面が多々ありましたので、
現場に入った時にかなり慌てふためいて
しまった場面もありました。

先生にもよるとは思いますが気になったことは
よく質問するか自主的に復習したほうが良いです。

「介護初任者研修」資格を取得して感じたメリット

基礎的な知識が学べたこと。

やはり現場に入ってしまうと他の方は
日々の業務をこなすのに精一杯になってしまい
専門的な知識などをしっかり教えてくれることは
ほぼほぼなく、見て覚えて!といわんばかりに
とにかく忙しいのが現状です。

毎日毎日利用者さんの状態が変わりますので
それにより対応も変えなければなりません。

そういった時に基礎的な対応法を知っているのと
知らないのとでは応用力に差がでてしまいます。

現場が忙しいからとか、まだまだ新人なので
といった言い訳はもちろん通るわけもありません。

<スポンサーリンク>

家族からしたらそんな人間に自分の家族を
見てもらっているのかと不安になってしまうこと
でしょう。

それだけではありません。

無知がゆえに利用者さんに不快な思いをさせて
しまったり、不安な思いをさせてしまったり
怪我をさせてしまったりなんて事は
絶対にあってはなりません。

なので基礎知識をしっかり覚える環境を与えて
くださった会社や職場の方々にはとても感謝
しております。

「介護初任者研修」資格取得の勉強を始めて失敗した事・注意点

わたしは働きながらこの資格を取得したため、
とくに難しいことはありませんでしたが
今は通信講座というものもありますよね。

通信講座では結構イメージがつかないことや、
理解が難しい表現などもあることと思います。

なのでもし可能であれば施設見学をされてみたり、
実際の現場に足を運んで見ると良いような気がします。

介護というのは単にお年寄りに優しく
するということではありませんし、
もしかしたら想像している介護という世界とは
全く違うものかもしれません。

現場はいつも日常のあらゆる動作
(トイレに行く、お風呂に入る、食事をするなど)
をこなすことに必死なのです。

必死になる理由は様々ですが、いろんな方に
いろんな病気やハンディキャップがあります。

それを考慮しながら動くという、
単にお年寄りのお世話をするということとは
全くもって違う仕事ですので
そういった現場に触れてみたほうが良い気がします。

 

すでに現場で働いているわたしの失敗談は
なんとなくクセになってしまったオムツ交換の
手の省きを実習で披露してしまったことです。

基本を教わっているのにもかかわらず、
そんなことを見せられてしまった先生ときたら
カンカンにわたしを怒りました、、。

わたしのように現場で働きながら資格取得を
される方も多いと思いますのでご注意ください。

これから「介護初任者研修」資格取得を目指す人におすすめな勉強方法

介護初任者研修の資格取得をされるかたは、
実際に働くために資格取得をされるかたと
ご家族の介護のために知識を得たいと思うかたや
まれに介護という概念を知りビジネスに役立てたい
というような方がいます。

仕事にしたいと考えている方のなかで
まだ介護の仕事をしたことがないのであれば、
わたしのように介護の仕事をはじめて
しまうと受講中、先生の話を聞いていると
イメージがしやすいので資格取得も
スムーズに理解を深めることができるのでは
ないでしょうか?

介護は無資格からでもはじめられます。

比較的人手不足のため無資格のかたでも
雇用してくれるところが多いです。

受講中は時間も決まっているので近道は
有りませんが、介護というのは教科書通りの
知識を持ちながらも現場にどう対応していくかを
考えなければならないので、
先に資格取得をされた方はかなり現場の
やり方に戸惑ってしまうかもしれません。

働きながら資格取得をしていたわたしは、
なんとなく流れを掴んでおりましたし

教科書上こうでも現場の状態を汲むとなると、
さらなる問題解決を迫られる場面があったりと
とにかくなんでもかんでも現場優先になりますから

教科書で覚えたことや受講中教わったことに
凝り固まってしまうと現場に出た際に
かなり理解に苦しんでしまうのではないのかと
思います。
なので現場で学びながら受講するというのが
一番覚えやすく良い環境だと思います。

【動画】「介護初任者研修」資格取得の受講風景

【発表!2019年の注目脱毛サロン3選】
  【ストラッシュ】※「痛みが苦手」な方向け

タッチで見れます⇒⇒ストラッシュ公式キャンペーン  
  【ミュゼ・プラチナム】※「大手の安心感」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒ミュゼ・プラチナム公式キャンペーン  
  【キレイモ】※「予約の取りやすさ」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒KIREIMO公式キャンペーン

<スポンサーリンク>