フラダンスを習うなら!先輩31歳女性が必要な道具・費用・失敗しないコツを伝授!

フラダンスをいつから習い始めたか?選んだ理由・目指す大会など

31歳、営業事務、私自身のフラダンスの習い事を始めたきっかけですが、仕事で心身ともに疲れ果ててしまい、全然気分がふさぎごみ、何をしても幸せになれない状態となってました。

仕事も辞めてしまい、生活自体や将来への希望も無くしてしまい、一つも喜びがなくなり、光が見えないような精神状態へ追い詰められていました。

そんな絶望的な状態の時に友達に相談した所、何か習い事を始めて、仕事と家との往復でつまらないと感じて日々を過ごすよりも、健やかに楽しく日々を過ごせるようになるような習い事をしたらとススメられて習い事を探してみることになりました。

その中でなぜフラダンスだったのかというと、何よりも体を動かして汗を流したいと思いました。
普段、パソコンの前に座って動く事が少なく、運動不足だったのもありました。

また、元々スポーツが好きだったので、私には合ってるなと思いました。

もう一つは、リズムに合わせて踊る事が好きでしたし、何よりもフラの自然を大事にする心や前向きな考え方が大好きでフラダンスを始めようと決めました。

悩みとしては、フラダンスをしていると痩せると思われがちですが、全く目的が違います。
なので、フラダンスをしていると言うと体形を見られることがあり、少し不快に思う事が多々あります。

あくまでもフラダンスはダイエット目的で行う習い事ではないとの認識が少し世間的に薄いので認知されるようになって欲しいことが悩みです。

フラダンスを習い始めるのに必要な道具、費用、カリキュラム概要

フラダンスの道具としてはパウと呼ばれるスカートさえあれば、フラダンスが出来ます。

入門するには入りやすいと思います。

金額的にもピンキリですが、5000円もあれば、確実に手に入ります。

練習用として2着ほど必要だと思うので、パウだけ5000円×2着で1万円の予算です。

月謝としても1万円以内で済むので、気軽に始められると思います。

また、教室にはよりますが、一般的には基礎練習から始めますし、土台作りがしっかりしないとフラダンスは踊れないので、みっちり練習するので問題ないかと思います。

そこから、課題曲の練習に入っていきます。

レッスンの時も準備体操をして、緩い曲調の音楽を使用して、ゆっくりと基礎のステップを練習して、そこから応用ステップの練習でウォーミングアップをして、課題曲への練習になるというカリキュラムになってます。

基礎のステップでは、先生が重点的に出来てない生徒さんにアドバイスをする形で出来るようになるまで、しっかりと教えてくれるので問題ないです。

 

発表会とかになると装飾品のお花などが増えてくので、かなり金額的には2万円くらいになってしまいます。

場合によっては、パウスカートも買い替えになるので、予算としては衣装だけで年間3万円くらいかかると見積もると良いと思います。

フラダンスを習い始めて感じたメリットは「行動力が格段にアップした」こと

良かった事は、フラダンスの活動を広める活動を始めて人との繋がりが拡大しました。

発表会などの準備なども積極的に手伝うようになり、自分の行動力が格段にアップしたと思います。

これもいつでも前向きな気持ちにしてくれるフラダンスのおかげだと思います。

他の教室の生徒さんたちとのコミュニケーションも増えて、どんなレッスンを受けてるのか、どんな発表会に出ているのか、どんな風に教えてもらっているのかが分かるようになりました。

<スポンサーリンク>

そのような交流を通す事で、チームとしての個人の役割を担う事での責任感やチームとしてまとまって動くことへの楽しさや達成感を感じることができるようになりました。

 

他にも今までは気分的にも下がる事や落ち込むこともありましたが、前向きな考え方などフラのマインドを取りいれることで、日々の生活が生き生きとしてエネルギッシュに変化しました。

人や物事に対しても感謝するフラの心を大事にすることで、人に対しても優しく接知られるようになったと感じてます。
周囲からも笑顔が増えたねとか笑う事が多くなったと言われることが多くなりました。

笑顔になると心が楽しくなるという初歩的なことに気付かしてもらったのがフラダンスだなと思います。

フラダンスを習い始めて失敗した事・注意点(失敗しないコツ)は「ダイエット目的で始めないこと」

フラダンスで一番勘違いして欲しくないのは、ダイエット目的で始めようとしている方です。
それは大きな間違えなので、撤回して欲しいです。

ダイエット目的ならば、もっとジムにいったり、有酸素運動と無酸素運動を組み合わせて努力した方が良いので、ダイエット目的でのフラダンスは、やめてください。

 

フラダンスを始めたいと思ってる方は、汗を流すのが好きな方、音楽が好きな方、前向きな考え方になりたい方、日々の生活に彩りを加えたい方などが向いています。

決して痩せる事は無いですし、微量な体形維持くらいの程度にしかならないのでフラダンスをダイエットとして使用するのは、やめて欲しいなと思ってます。

フラダンスはむしろ、リラックスして癒される効果が高いので、精神的に疲れてる方なども向いてると思います。
ゆっくりとして動きと呼吸は精神的に安定するのに相応しいと思います。

実際に私も精神的に乱れた心もすっきりと気持ちよく、いつでも安定した心の持ち方をフラのマインドを通して取得できたと思います。
明るく元気に毎日をハッピーに過ごしたいと考える人には、最適な習い事だと思います。

どこの教室でも先生がハイテンションなので、いつでも生徒の気分を上げてくれることは間違えないです。

これからフラダンスを習い始める人におすすめの講座・教室・先生・教材(本など)の選び方や続け方

フラダンス教室によって、先生のマインドやレッスンの仕方や発表会への考え方が違うので、様々な無料体験に参加して選ぶのが良いと思います。

実際に相性もあるので、しっかりと吟味して選ぶのが良いと思います。

発表会へ出るのも半強制的な教室だと金銭的にきつかったり、続けられなくなるなど精神的に習い事が辛くなるようになることがあっては、本末転倒です。

自分のペースで習い事と向き合えるように先生との相性や練習スタイルを体験してみて、決めて行くのが良いと思います。

無料体験後には、このあたりの部分を先生に質問して聞いてみると自分の不安が解消されて、習い事へ取り組みやすくなると思うので、遠慮せずにどんどん質問した方が良いと思います。

 

個人的には、先生はハイテンションの方を選ぶ方が自然と笑顔になって楽しめると思うので、先生を基準にして選ぶのもポイントに一つにして選んで欲しいなと思います。

生活や仕事とのバランスも考えながら、自分に負担にならないように習い事を続けていくことが大事です。

【関連動画】フラダンス超入門 基本ステップ:カオ編【東京ダンスヴィレッジ】

【発表!2019年の注目脱毛サロン3選】
  【ストラッシュ】※「痛みが苦手」な方向け

タッチで見れます⇒⇒ストラッシュ公式キャンペーン  
  【ミュゼ・プラチナム】※「大手の安心感」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒ミュゼ・プラチナム公式キャンペーン  
  【キレイモ】※「予約の取りやすさ」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒KIREIMO公式キャンペーン

<スポンサーリンク>