ジャザサイズをダイエット目的で習う!41歳主婦が必要な道具・費用・失敗しないコツを伝授!

ジャザサイズをいつから習い始めたか?選んだ理由・目指す大会など

私は現在41歳の主婦です。
私が続けている運動系の習い事は「ジャザサイズ」というエクササイズです。

ジャザサイズを習い始めたのは今から7年くらい前、ちょうど今住んでいるところに引っ越して間もなかった頃です。当時は子供達がまだ小さかったのですが、子供達とのお散歩コースにジャザサイズのスタジオがあったのです。

でも最初は、ジャザサイズの看板を見ても「あぁ、何かエアロビっぽいものが習えるんだろうなぁ」くらいにしか思っていませんでしたし、特に興味は持ちませんでした(そもそも子供達も小さかったので、習い事をしようという気持ちは一切ありませんでしから…)。

しかしそれから数週間後、たまたま入浴前に鏡で自分の体をまじまじと見ていたとき、

「産後太りが全然解消されていないどころか酷くなっている」

という事に気が付きました。

お腹や腰回りにデップリとぜい肉が付き、「何これ、完全にオバサンじゃん!」とビックリしたのです(汗)。

そしてその数日後、自宅ポストにジャザサイズのチラシが入っていました。

なんと最大で800キロカロリー消費するダンスエクササイズ…とのこと、そしてよくよく見ると、託児付きのクラスがある!とのことです。これなら小さい子供達を連れて通うこともできる!と嬉しくなりましたね。

それに金額も通い放題で月に4,000円程度ということだったので、主婦のお小遣いでも十分に通える(もしくは、生活費を節約すれば十分に通える)!と思い、ダイエットのために始めることに決めました。

<スポンサーリンク>

主婦がジャザサイズを習い始めるのに必要な道具、費用、カリキュラム概要

ジャザサイズは基本的に60分のダンスエクササイズプログラムなのですが、最初の40分はダンスやボクササイズなどの有酸素運動で、最後の20分は筋トレやピラティスなどの無酸素運動をメインとした動きになっています(なので、この1時間でとても効率よく脂肪燃焼&筋肉を鍛えられると思います!)。

主婦でも十分可能です。

後半の筋トレではダンベルやマットを使います。

ですから本格的にジャザサイズを始めるとなればダンベルやマットは購入する必要があります。

ジャザサイズでも販売はしていますが、もちろんスポーツ店などで好みのものを購入してもOKです。実際に私はダンベルとマットはスポーツ用品店で合計4,000円弱で買いました。

あとは、レッスンによってはエクササイズチューブも使いますので、これも購入していたほうが良いかと思います。ジャザサイズのスタジオで1,500円くらいで販売しています。

また、水分補給は必須なので、毎回レッスン時には必ず飲み物を持参する必要があります。

ペットボトルでも良いですし、お好みのドリンクボトルを使っても良いですね。ジャザサイズのスタジオでもドリンクボトルは販売されているので、慣れてきたら購入すると気分がアガってレッスンもより楽しくなりますよ。”

ジャザサイズを習い始めて感じたメリットは、半年で5キロ近く体重が落ちたダイエット効果

私がジャザサイズを始める前は運動不足で産後太りによるぜい肉が酷かったのですが(汗)、ジャザサイズを始めて半年とちょっとで5キロ近く体重が落ちました。

でも何より、見た目の変化の方が大きかったですね!ぜい肉が落ちて筋肉がついたので、かなり引き締まった体型になれました。

食事の量を減らすだけのダイエットも過去に経験がありますが、そういうやり方だと痩せるというよりやつれたようになってしまったり体調を崩したりと、決して健康的に綺麗に痩せることはできないんですよね。

でもジャザサイズで運動をしたことにより、とても健康的に痩せることができたなぁと思います。お肌の調子も良くなりましたし、便秘も改善しました!ほどよく疲れるので寝つきも良くなりましたし、本当に良いことだらけです。

また、ジャザ友(笑)が沢山出来たのも本当に良かったですね。私は現在40代ですが、上は70代から下は20代までお友達が色々と出来て、通うのが本当に楽しいです。

特に年上のお友達からは子育てのアドバイスを頂いたり、年齢が近い人からは子供の学校情報を教えてもらえたりと、色々と本当に助かっています。

それに何より、私よりずっと年上の人が頑張っているのを見ると「疲れた~なんて言ってられない!」と思えますね。

 

ジャザサイズで痩せない人・痩せた人の違い

私はダイエット効果を実感しています。

ジャザサイズで痩せるか痩せないかは、それぞれの代謝の差にあります。

同じ動きをしていても、汗びっしょりで床にも滴り落ちる程の人もいます。
反対に、じんわりと汗が滲む程度の人もいます。

代謝が悪いと、有酸素運動をしていてもカロリー消費に繋がりにくいので、痩せにくいという人はいると思います。

<スポンサーリンク>

インストラクターの先生は、大体の方が筋肉もついて太っている方も少ないと思いますが、同じ時間運動していても汗びっしょりの方が多いです。

また、どれくらいジャザサイズに通っているかということも大きいです。

毎日や週の大半をジャザサイズに通っている方は、代謝も良くなりますし、一つ一つの動きも覚えているので筋肉を意識して動くことができます。

しかし、通うのが週一回程度であれば、その分脂肪燃焼の効率も悪いです。
しっかり通うことで、代謝が良くなり、燃えやすい体づくりができます。

インストラクターの先生によると、ジャザサイズをする4時間前までに食事を済ませておくと、さらに効果的だそうです。

食生活も見直しするとさらに効果が期待できると思います。

 

ジャザサイズで痩せる為の基本の動き

ジャザサイズでおすすめの動きはビブスライドです。

これは、下半身を固定したまま上半身を左右にスライドさせる動きです。

ダンスの動きの中にもいくつか組み込まれていますが、くびれができるという嬉しい効果があります。

ジャザサイズ初心者でも、何度か運動するうちにくびれ部分の変化にはっきりと気づくはずです。

また、アラベスクもおすすめです。これは、片方の足を固定し、もう片方の足を後ろに持ち上げるという動きです。

立ったままや、床に手をついた状態でも行います。

ジャザサイズの中では、ストレッチや筋トレの中に組み込まれています。

この動きは、ヒップアップ効果が期待できます。

私はヒップアップだけでなく、太ももの筋肉にもアプローチできていると感じています。

どちらも続けると女性らしいしなやかな体つきに変わっていくと思います。

ジャザサイズを習い始めて失敗した事・注意点(失敗しないコツ)は、いきなり頑張らないこと!

40代でジャザサイズをこれから始める人への注意点としては、最初からいきなり飛ばしてしまうと体調を崩す可能性があるよ!ということです(笑)。

実は私も、ジャザサイズを始めたばかりのときにあまりに楽しくて
(最近流行の洋楽に乗せて踊るので、本当に楽しくてストレス解消になるんですよね)
思いっきり動きすぎてしまい、1週間くらいひどい筋肉痛で動けなくなってしまって日常生活に大きな支障をきたしてしまったことがあります…。

そしてこれは慣れてきても同じ。無理して動きすぎると膝や肩などの関節を痛めてしまったり、筋肉痛になってしまったりするんですよね。

なので、「ちょっと今日は体調が今一つかな」と思ったら無理せずゆるめの動きにするという工夫が必要です。

例えば
ジャンプするところはジャンプしないでおくとか、スキップするところは普通にウォークだけにしておくなど…。体調に合わせた動きを心がけることがとっても大事です。

まぁそもそも、体調が悪かったら休んだ方が良いのですけどね。

ジャザサイズを始めると、あまりに楽しくて毎日行かないとムズムズしてきてしまうかもしれません(笑)。

でも自分の体としっかり相談して、体調が悪いときは休む、行くのであれば無理はしない…というその辺りの調節をきちんとすることが大事だと思います。

これからジャザサイズを習い始める人におすすめの講座・教室・先生・教材(本など)の選び方や続け方

ジャザサイズのスタジオは意外にあちこちに沢山あるので、もし通える範囲に複数あるのであれば全て見学に行ってみたほうがいいと思います(出来れば体験レッスンを受けてみる)。

やはりスタジオによっても雰囲気は違うと思うので…。

せっかくだったら、自分に合ったところ、楽しめるところに通ったほうがいいですよね!

それにスタジオによってもレッスン時刻や回数、料金体系は違っていたりします。通える時間や曜日にレッスンがあるかどうかをしっかりチェックする必要はありますね。

また、ジャザサイズをする際にはTシャツなどの動きやすい服装で行うのはもちろんですが、出来れば是非可愛いタンクトップを着て欲しいです(もちろんジャザサイズのウェアならより良いですね。笑)!

タンクトップは動きやすく涼しいのはもちろんですが、着ることで「他の人から見られている」という意識が高まり、より自分の体型に気を使うようになるのです。

やっぱりいつもダラダラとした服装を着てしまうと緊張感が無くなって太りやすくなってしまいますよね。タンクトップを着て踊るようになると、意識が高まってダイエットも成功しやすくなりますよ!もちろんジャザサイズももっと楽しくなります。

【関連動画】ジャザサイズ福岡城南

【発表!2019年の注目脱毛サロン3選】
  【ストラッシュ】※「痛みが苦手」な方向け

タッチで見れます⇒⇒ストラッシュ公式キャンペーン  
  【ミュゼ・プラチナム】※「大手の安心感」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒ミュゼ・プラチナム公式キャンペーン  
  【キレイモ】※「予約の取りやすさ」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒KIREIMO公式キャンペーン

<スポンサーリンク>