フォトマスター2級資格の取り方!25歳で取得した28歳男性が必要な道具・費用・勉強方法・失敗しないコツを伝授!

フォトマスター2級資格を取得した年齢・選んだ魅力(理由)・勉強内容・取得まで流れ

私は、28歳で家電量販店に勤務しています。

私が取得した資格はカメラに関する資格の1つであるフォトマスター2級でした。

資格を取得したのは、25歳の時ので仕事の関係でカメラ担当となりこれまでデジカメしか持っていなかった私が、

お客様一眼カメラやミラーレスカメラを説明する立場となったことで
商品知識をもっとつけておかなければいけないと思うように自分の知識を証明するものとしてフォトマスターの資格を取ることを目指すようになりました。

勉強の内容は、主にフォトマスター対策峰というものではなく取引しているカメラメーカーさんにカメラに関すると勉強資料をいただいて基礎から学ぶんでいきました。

<スポンサーリンク>

取得までの流れとしては、受験をすることを決めてからまるまる1ヶ月間は勉強漬けの日々でした。

そして、カメラを実際に持っていないと理解が深まらないと思い、キャノンから発売されていたkissx5を購入して実際に自宅でも一眼カメラに触れながらシャッター速度をいじってみたり、絞りの数値を下げたりあげたりすることで勉強資料だけでなく実体験を元に知識を深めることを続けていきました。

マニアックな資格のような気もしますが、実はお客様と接客をしている時に、お客様の方からフォトマスターという言葉が出てくるほど、カメラ好きにとっては知名度の高い資格の1つでした。

そのため、取得しているフォトマスターの級を伝えるとお客様との信頼関係の構築にもつながりますし、共通の話題にもなりますのでとても取得してよかったと思います。

必要な道具、費用(補助金)|フォトマスター2級資格取得

フォトマスター2級資格取得に必要なものは知識のみです。

カメラに対する知識となります。

受験費用は級によって変化しており、

・3級なら4,000円
・2級なら5,200円
・準1級なら6,300円
・1級なら7,100円

となっています。

私が受験した2級では、5200円を全額支払いをした後、合格をすれば会社から受験料の半額を返金してもられるということでした。

カメラを仕事にしている方だけでなく趣味でカメラを扱っている人の間でも取得するような資格なので、受験会場には家電量販店に関係する人だけでなく一般の方も多く見かけるほどでした。

受験をするにあたって驚いたのは、最近のデジカメだけでなく銀塩カメラなど一昔前のカメラについての知識も出題されるということでした。

銀塩カメラなど今時見ることもなくなったカメラになるので、とにかく資料が少ないためネットで資料を自力で探すなどして苦労をしました。

出題内容は級が上がるともちろん専門的な内容になっていきますので、いかにカメラのことを好きなのか?ということが問われているように思いました。

2級までならそれなりの知識がありさらに試験対策をしておけば取得できると思いますが、1級になるとかなりレベルが高くなるのでプロのカメラマンやカメラの販売に携わる人など専門性の高い人が受けるような内容になります。

フォトマスター2級資格を取得して感じたメリット

フォトマスター資格を取得してよかったと思うことは、カメラの説明に対して自信を持って伝えることができるようになったことでした。

フォトマスター資格を取るまで知っている情報のみをなんどもお客様が変わることに伝えていくという繰り返しだったので

<スポンサーリンク>

「今の知識量だけでも十分お客様に納得してもらえるなら特に勉強をし直そう」と思うことがなく、

ズルズルと新しい知識を習得することなくキャリアを積み重ねてしまうところだったので、こういった資格を受験できたことはとても自分のスキルアップにおいてとてもよかったと思いました。

 

また、販売をしている時に私よりも知識の深いお客様が現れた時に

カメラレンズの購入で相談をされるとそこまで知識を有していない私は

お客様の悩みを聞くばかりで的確なアドバイスや提案ができずにいることがありお客様の期待に応えることができないこともありました。

そういった経験から改めてフォトマスターを通じて専門的な知識を習得することの大切さと責任感を販売するものとして感じることができました。

勉強を始めて失敗した事・注意点|フォトマスター2級資格取得にて

フォトマスター資格の勉強で失敗したことは特に大きなものはありませんでした。

しかし、これから勉強を始める人への注意点としてはやはりカメラを持っておくことが何よりの教材であるということをお伝えしたいと思います。

本で一生懸命知識を詰め込んでもやはり実機を触っていない分頭でわかっても実際に操作する際には生きてこない知識となってしまいます。だからこそカメラを受験する前に購入して身を以て知識を増やすことが大切だと思います。

 

また、合格するためにはフォトマスターの過去問をとにかく解き続けて解説を理解し続けることが合格が目的であれば最も良い勉強法だと思います。

 

フォトマスターで出題される問題は特に例年大きく変化することはありませんので、過去問を何度も解き続けることで似たような問題が出題されていることにも気づくようになりますので、過去問をすることと過去問の解説をしっかりと理解することで合格する確率は高まると言えます。

 

そのため、受験までに期間がないという方は本屋さんで過去問を購入してしっかりと勉強をしておくと良いでしょう。

自力で勉強するにはどこをどの程度勉強すればいのか実感がわかないのでニッチな資格である以上過去問を頼りましょう。

これからフォトマスター2級資格取得を目指す人におすすめな勉強方法(スムーズな取り方)

フォトマスターはとにかく今の自分がカメラに対する知識を確認する場といっても過言ではありません。

カメラの知識を増やすために受験をする私のようなタイプとすでにカメラに対してなんらかの仕事に携わっていたり教える立場である人が自分のカメラの知識がどの程度7日について把握したいという場合にも活用することができる資格となります。

 

そのような方々にとって勉強法は異なりますが、やはり過去問を必ず解くことがオススメです。

そして、どの資格試験でもそうですが本番と同じ環境下で問題を解くということも大切です。

 

受験する急によって2級であれば午前中であったり1級であれば午後からなど時間も決まっているので本番と同じ環境下で一度問題を解くことで本番さながらの緊張感で問題と接することができるので本番で力を発揮することができるようになります。

 

フォトマスターの勉強はとにかく短期集中型で取得できるのは2級までとなりますので、1級を受ける場合は日頃からしっかりとカメラについて知識を増やしておく必要がありますので、カメラを購入して日頃から本体の機能を色々と使ってみて体験しておくことが大切となりますので、経験値を増やしておくことを心がけていただければと思います。

【発表!2019年の注目脱毛サロン3選】
  【ストラッシュ】※「痛みが苦手」な方向け

タッチで見れます⇒⇒ストラッシュ公式キャンペーン  
  【ミュゼ・プラチナム】※「大手の安心感」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒ミュゼ・プラチナム公式キャンペーン  
  【キレイモ】※「予約の取りやすさ」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒KIREIMO公式キャンペーン

<スポンサーリンク>