日本語ワープロ検定1級資格の取り方!17歳で取得した19歳 女性が必要な道具・費用・勉強方法・失敗しないコツを伝授!

日本語ワープロ検定1級資格を取得した年齢・選んだ魅力(理由)・勉強内容・取得まで流れ

19歳 学生 日検主催 日本語ワープロ検定 1級

資格取得年齢は17歳の時でした。

日本語ワープロ検定1級資格を取るための条件は
1.10分間のタイピングで700文字以上の文字を打ち込める能力があること
2.文書作成にて、正確且つ体裁良い文書を20分以内に作成できること
この2点ができれば受かるようにできています。

タイピングならA4裏表に文章があり、その紙を見て打ち続けること
文書作成は、元になる(これを元に正しい文書に書き換える)紙が用意されてあります。

また、1級の上には初段もあります。

 

私が、この資格を取ろうと思ったのは、高校にパソコンの授業があったこと、パソコンが得意だったことです。

この授業では、資格を取らないと単位が貰えなかったため、ものすごく練習をしました。

<スポンサーリンク>

 

まず、学校が、過去問を10冊ほど持っていたので、それを借りて授業のある週二回、週90分の練習をしました。

他の子は家でもやっていましたが、私は当初からパソコンの知識があったため。さほど練習しなくても大丈夫でした。

 

10分間のタイピングでは、常に1200文字打てていたので、特に問題はなく、ウォーミングアップの感覚で授業の初めにやっていました。

文書作成は表を作成することや、地図を作らなければならなかったので、20分ギリギリ、もしくは超えたりしていましたが
練習をするうちにタイムは縮まっていき、16分前後で終了するようになれました。

 

試験は年3回あります。私は12月に受けたので、すごく寒くてタイピングの手がなかなか動かなかったです。
しっかり温めてやると良いです。

必要な道具、費用(補助金)|日本語ワープロ検定1級資格取得

必要な道具はもちろんパソコンです。

ノート型のパソコンよりもデスクトップ型のパソコンが望ましいでしょう。

キーボードが打ちやすいことに加え、マウスが自由に使えれば時間短縮になります。

そして、MicrosoftのWordをインストールしてあることです。

最近はWordではなくても似たような機能があるソフトがありますが、検定ではMicrosoftのWord以外使用できませんので、きちんとしたものをインストールしてください。

また、タイマーが必要になります。

パソコンにもついていますが、画面の切り替えが時間のロスになりますし、時間配分をすることが難しいので携帯やきちんとしたものを購入すれば楽だと思います。

自己採点時にものさしが便利です。

タイピングでは、文字のミスなどで減点になります。ものさしで文章を区切ると見えやすいです。
また、文書作成でも、揃っているかきちんと測ることができますので、便利です。

 

費用は、級にもよりますが、私が受けた1級は3000円が受験料として必要になります。

初段になると5000円になるので、少し高いですが、きちんと練習をすれば、必ず取得可能な資格になので、受けてみても良いと思います。

日本語ワープロ検定1級資格を取得して感じたメリット

小学生のころからパソコンが身近にある生活を送ってきました。

パソコンが得意といっても、周りの子もそうだったので普通だと考えていました。

 

しかし、高校生になってみると、意外に他の子はパソコンが得意ではないとわかりました。

みんな、ブラインドタッチができなかったり、家にパソコンがない、スマートフォンで十分という声が多かったです。

情報の時間に私が、素早いスピ―ドでタイピングしている姿を見て、先生から「資格にした方が良いと思う」と言われました。

<スポンサーリンク>

 

それまで、パソコンの資格について知りませんでした。

 

しかし、先生から専攻授業で、資格が取れる授業があると説明され、初めてこの資格の存在を知りました。

私は商業系の高校ではなかったので、普通の高校でも取れることを知り、是非、取ってみたいと考えるようになりました。

 

現在、就職活動で資格の欄に書ける物と知り、改めて取得しておいてよかったと思います。
商業系の高校なら当たり前ですが、普通科でこの資格はどうやって取ったんですか、という質問もあり、面接官に正しく答えれるのでよかったです。

勉強を始めて失敗した事・注意点|日本語ワープロ検定1級資格取得にて

Wordの機能について正しく使えるようになること、そして、キーボードの機能を理解することが大切です。

私は、タイピングが早く、Wordも基本的な知識がありましたが、文書作成の地図を作るところでかなり苦戦していました。

それまで、図形を使って、カクカクとしか動かすことができないのにどうやってこの図形を作るのかわからず、曖昧にしていました。

それでも、時間内には終わるし、見た目もそんなに変じゃないからと先生に採点をお願いしたところ、かなりダメ出しをされました。

もう一度チャレンジをしていたら、先生から図形を滑らかに動かすためにはこうするんだよ、とか
これをコピーしてもう一度張り付ければ簡単にできるよ、とか

様々なアドバイスを貰いました。全て、私の知識の外側の話だったので、新鮮な気持ちになりました。

パソコンが得意だから大丈夫だと思っていましたが、結局はパソコンの機能の半分も使いこなせていなかったのです。

だから、これから始める人は、きちんと理解した上でチャレンジすると楽になるでしょう。
そして、理解し始めるとこの資格は簡単に思えてきます。

そこまでいくと、次はMOSの資格にチャレンジしていけるようになると思いますよ。

これから日本語ワープロ検定1級資格取得を目指す人におすすめな勉強方法(スムーズな取り方)

これから日本語ワープロ検定1級取得を目指すならば
まず、自分の実力がどこなのかを図る必要があります。

10分間に自分はどのくらいの文章を打てるのかをまずは知りましょう。
それがわかると、級の指標になります。

そこから、文書作成の練習をしていくんですが、タイムは最初測らなくて大丈夫です。
私も、文書作成なんてやったことが無かったので、わかりませんでした。

やり方を理解して、スムーズに出来るようになってきたら、測り始めて下さい。
そして、1つミスを少なく出来るポイントがあります。

グリッド線を使用すること」です。

グリッド線はきっとみなさんの意識としたら行をわかりやすくする横の線だと考えていると思いますが
実は、あと1行に何文字打てるのかを示す、文字グリッド線もあるんです。

これを使うと、10分間のタイピングで劇的にミスが少なくなります。
文書作成の時も、縦横が揃えやすくなります。

そして、地図も書きやすくなりますよ。

出し方は、少々面倒くさいですが、いつもグリッド線を出す方法ではありません。

ページレイアウトタブからページ設定を開いてグリッド線のボタンを押して
グリッド線を表示するにチェックを入れると、文字グリッド線を表示するにもチェックを入れることができますので
それを入れて、完了です!

【動画】ワープロ検定1級取得者がタイピングゲームをしてみた

【発表!2019年の注目脱毛サロン3選】
  【ストラッシュ】※「痛みが苦手」な方向け

タッチで見れます⇒⇒ストラッシュ公式キャンペーン  
  【ミュゼ・プラチナム】※「大手の安心感」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒ミュゼ・プラチナム公式キャンペーン  
  【キレイモ】※「予約の取りやすさ」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒KIREIMO公式キャンペーン

<スポンサーリンク>