家電アドバイザー資格の取り方!28歳女性が必要な道具・費用・勉強方法・失敗しないコツを伝授!

家電アドバイザー資格を取得した年齢・選んだ魅力(理由)・勉強内容・取得まで流れ

年齢は28歳です。

現在の仕事は家電量販店で販売員として勤務をしています。

私が受験した資格は家電アドバイザーと呼ばれる家電量販店で働くものにとってはとても意味のあある資格であり、会社としても家電アドバイザーの資格を有するものを増やそうと力を入れている資格でした。

主な勉強方法は、
会社内で共有されている家電アドバイザーの過去問紹介動画や出題される範囲に関するテスト対策を社員共有サイトから閲覧して勉強をするという方法でした。

取得までに私は2週間みっちり過去問を解き続けて知識を得ていきました。

<スポンサーリンク>

 

受験に対する悩みは、大学を卒業して以来資格試験をうけたことがなかったので、なかなか頭に知識がいかないだけでなく集中力も昔に比べると続かなくなっていることや

日々の通常業務に追われての勉強だったの疲れてへとへとだったり勉強をしたくても残業で帰宅するころは日付がまたいでいることもあるなど

学生時代と比べると限られた時間内に勉強をして知識をつけなければいけないという状況だったので思うように勉強がはかどらない時にはとてもイライラいしました。

勉強に対して嫌になることもありました。

取得するまではとにかく通勤中の電車の中で過去問とにらめっこする日々を送って本番を迎えました。

結果無事に一発で合格することができ、晴れて家電アドバイザーの資格を取得することができました。社会人になって取得する資格はそのまま仕事にも生かせるためとてもうれしかったです。

必要な道具、費用(補助金)|家電アドバイザー資格取得

家電アドバイザーの資格に関しては主に2つの分野がありました。

それは、AV情報家電と生活家電でした。

AV情報家電は、テレビやパソコン、カメラに関する情報に特化し他出題内容となっていました。

一方で生活家電に関してはエアコン、冷蔵庫などの白物家電と呼ばれる商品を主に出題されているというものでした。

私は当時パソコンを担当していたためAV情報家電を受験することとなりました。

AV情報家電の受験料は9230円でした。

自腹で全額を支払った後、合格すればそのタイミングで会社から合格祝いとして受験料を全額返金してくれるサポートがあったのでなんとしてでも一発で合格しなければと思い必死で勉強をしました。

特に必要道具はなく、当日は筆記用具のみとなります。

また、過去問に関しては家電アドバイザー公式サイトから過去問関する情報が掲載されているのでこちらを見ることで誰でも過去問に関する情報を収集することができますし、本屋さんにいくことで過去問にも実際にふれることがができるので勉強するためのツールは身の回りにあふれている資格と言えます。

ニッチな資格の割には勉強教材が豊富なので
取得することを目指している方は比較的参考書にも恵まれている資格試験だと思います。

家電アドバイザー資格を取得して感じたメリット

家電アドバイザーの資格勉強をしてよかったことは、やはり仕事に直接生きてくるような問題を解き続けることでおのずと知識が深まつていることを実感できることでした。

もともとパソコン担当としてパソコンとちょっとばかりカメラの説明をして販売できるレベルでしたが、

AV情報家電はテレビの接続やブルーレイなどにも広げて出題されるものになるので

<スポンサーリンク>

担当がちがうことから全く別分野の質問をされてしまうため、ちんぷんかんぷんで手につかずに一から改めてテレビコーナーの商品を勉強することとなりました。

AV情報家電をうけていなければこのまま、パソコンとカメラなどの知識しか有していない人材になっていたと思うので、家電アドバイザーの資格勉強を通じて仕事に直接生きてくる情報を入手することができたのがとても大きな収穫でした。

また日々の仕事では機種による性能や機能の違いについての知識は身についていましたがカメラの構造についての基礎などエンジニアレベルの深い視点で問題が構成されているので自分がしらない商品の奥深さをしることができました。

勉強を始めて失敗した事・注意点|家電アドバイザー資格取得にて

この資格についての勉強でしっぱいしたことは、本屋さんで過去問を購入したのですがネット上にすでに過去問や問題集が掲載されていたので自分でお金を出してまで教材を購入する必要はなかったのでは?と思ってしまうことがありました。

これから家電アドバイザーの資格を取ることを目標にされているの場合は、過去問のありかをネット上でもいいのでしっかりとリサーチをしてから勉強をスタートすると良いかもしれません。

 

とにかくAV情報家電の資格はとても難しい人には難しいとおもったより深く

専門分野が出てくるページも用意されているので家電がもっと好きなる人もいればそうでなくなる人もでてくるかもれないほど奥が深いものでした。

 

また、とくにこれといった特別、勉強で失敗したことやこれから始める人にたいする注意点は特にない試験ですので
単純に自分が家電に対してどこまで知識を有しているのかをためる場として臨んでいただければよいかと思います。

資格試験ですので合格ラインもきまっているものになります。

そのため、周りとの差を図るのではなく目の前の自分の正解についてだけを考えて取り組んでいただければ
比較的知識が付けば難しい問題もへってきますので根気よく続けていただければと思います。

これから家電アドバイザー資格取得を目指す人におすすめな勉強方法(スムーズな取り方)

これから資格取得を目指す人へのおすすめの勉強法としては寝る前に勉強をするということです。

この寝る前の勉強において十分気を付けなければいけないことはタイミングです。

勉強をする場合は、寝る前にさせるのが良いとされています。

人の脳の働きから一日に起きたことをしっかりと振り返って頭の中を整理しています。

寝ているときは特に記憶の整理が行われやすく脳に定着しやすいため良い夢を見たり深い眠りにつけたときには、学んだ知識が脳におさまりますので、いつでも思い出していただける存在と今後も力を発揮して頂ければと思いまいます。

これから家電アドバイザーを受ける人はしっかりと過去問を解き続けて強引にでも答えの理由や答えにたどり着く方法が思い浮かばない時にはとにかく理屈抜きで頭に叩き込むという考えで十分ですので、本番で正解を出せるように頑張っていただければと思います。

このAV情報家電は資格を取ることでお客様の目線もかわったように感じることもできますので
また新たなモチベーションにもつながっていきますので、ぜひ勉強を通じて人としてもおおきく成長して頂ければと思います。

とにかく寝る前の勉強をしてしっかり寝て、そのまま記憶に定着させることを。
願って今後数日を乗り越えていただければと思います。

【動画】家電製品アドバイザー資格試験対策講座 生活家電サンプル講座

【発表!2019年の注目脱毛サロン3選】
  【ストラッシュ】※「痛みが苦手」な方向け

タッチで見れます⇒⇒ストラッシュ公式キャンペーン  
  【ミュゼ・プラチナム】※「大手の安心感」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒ミュゼ・プラチナム公式キャンペーン  
  【キレイモ】※「予約の取りやすさ」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒KIREIMO公式キャンペーン

<スポンサーリンク>