介護福祉士資格の取り方!31歳女性が必要な道具・費用・勉強方法・失敗しないコツを伝授!

介護福祉士資格を取得した年齢・選んだ魅力(理由)・勉強内容・取得まで流れ

31歳 会社員 介護福祉士

仕事を辞めて、他の仕事をする予定だったのですがそれが相手の都合で出来ず、職探しをしていた暁に親戚が入院することになりました。

高齢なので、同室の人達も高齢。

その人達と話すのが楽しくてハローワークでそのことを話すと職業訓練にいくと、介護の資格を得ることができると聞き早速、職業訓練に行くことにしました。

学校には試験があり合格した人だけが受講できました。

私は無事合格し、半年間の座学と実習を受けることになりました。

半年間でその時に得ることが出来た資格は介護基礎研修という資格でした。

今は制度が変わって、無いのですがその資格をとり就職活動をするとスムーズでした。

新しい職場は小規模の特別養護老人ホームでした。

<スポンサーリンク>

 

介護施設は有料老人ホーム、老人保健施設、グループホーム、デイサービス等さまざまな形をした施設があるのですが、一番ポピュラーで新たに新設されるということで選びました。

国家資格の介護福祉士は3年の実務経験が必要なのです。

私は3年働いた後、試験を受ける資格を得ることができたのですが、職業訓練で取った介護基礎研修という資格では受験資格はあるのですが、さらに実技試験が必要でした。

ただ、前もって医療的ケアという実習を受けることによって免除になりました。

国家資格はマークシート方式で、実務経験3年もあれば大概解ける問題ばかりです。

介護だけでなく、障害者支援の分野もあり多少の勉強は必要です。

必要な道具、費用(補助金)|介護福祉士資格取得

まず介護をするのには資格はいりません。

ただ、資格を持っていることによって資格手当がでることが多いです。

介護福祉士を取りたい人は実務者研修を受けてさらに実務経験三年が必要です。

実務者研修とは介護の基礎を勉強する実習です。

在宅で勉強し、数時間実習を行うことで資格を得ることができます。

 

私は実務者研修はしてなかったのですが、現在は職業訓練でも取得できるので、仕事を退職して雇用保険をもらいながら通学することもできます。

 

また、仕事をしながらでも教育訓練給付金という制度があるので、多少の補助を国からもらうことができます。

この場合は支払後に給付されます。

実費で払うと大体15万円未満で受講することができます。

 

実務者研修を受講すれば、あとは実務経験が3年あれば介護福祉士の試験受講資格を得ることができるのです。

介護福祉士の受験費用としては10000円程度です。

 

いくつかの介護施設に渡って働いていた場合は、受験申請をする際に働いていた証明を出してもらう必要があるので少し面倒です。

 

試験日前日までに1日でも実務経験が足りない場合は受験資格がありません。

実際に働く前に考えていく人も多く見受けられます。実務者研修を受けていると実技試験はありません。

介護福祉士資格を取得して感じたメリット

私は介護基礎研修を取得しており、その資格が制度改正によって無くなる最終のクラスでした。

特に損はなかったのですが、受験の時に実技が必要で改めて実務経験をしながらも医療的ケアを学ぶことができたのはとても新鮮でした。

国家資格というのを手にしているということは、自分自身の自信にもなります。

<スポンサーリンク>

普通の人は国家資格というものをあまり手にしていないですが、試験を受けて持っているというちょっとした優越感もあります。

それ以上に、給料があがります。

基本的に介護の現場での収益というのは市やなどの地方自治体から得ます。

高齢者がサービスを受けて、それを介護保険を使って市区町村に支払っている。

それを施設がもらう。

市区町村は施設に対して、スタッフの環境やサービスの内容、施設の設備などで点数化されており介護福祉士を雇う人数が多いほど、点数は上がり収益がでます。

そのため、資格手当がでるので給料が以前よりも増えるのは何よりも喜ばしかったです。

勉強を始めて失敗した事・注意点|介護福祉士資格取得にて

通学で受験する人は良いのですが、在宅つまり通信でやっていく人は少しマンネリ化しやすいと思うのできをつけたほうがいいでしょう。

また、実習は実務者研修の時に絶対に行きます。

私が行った施設は従来型の特別養護老人ホームで、いわゆる病院のような施設でした。

同室の部屋はもちろんで、お風呂も服を脱いで並ばされて順番に大浴場に入っていく形でした。

こういうのは従来型特有で、これからは個別ケアと言って個室でその人らしさをもったまま終末期を迎えるというのがスタンダードになってきます。

実習ではそういうちょっと想像と違っていた施設に当たることもあるので、衝撃を受けてしまい資格は取ったものの介護はやらないという人も少なくないのです。

私が働いていた施設は個別ケアで、お風呂も一人ずつ入ってもらうと言う形でした。

お風呂も3種類あったので、その人の体調に合わせてお風呂も変えていくという個別ケアがありました。

実習で嫌な所にあたっても、他の施設を見に行くことをおすすめします。

 

お風呂だけでなく、ご飯を選択出来るところもありますし、また施設も多様化しているのできっと興味がある所が見つかると思います。今後、需要は大きいの資格取得だけで諦めない方がいいです。

これから介護福祉士資格取得を目指す人におすすめな勉強方法(スムーズな取り方)

国家資格はほとんど実務経験を3年やっていたら身体に染みついてわかってくると思います。

実務者研修で座学を学ぶのですが、はっきり言って私はよいしょよいしょしか頭に入ってきませんでした。

実技をやっていくことによって、楽しんでできたのでよかったのですが、実習にいくと座ってばかりで何も出来ないし、施設の人は忙しいので実習生にはかまわずに働いているという形でした。

 

資格もとってないのに、高齢者に触れるのは少し怖いと思ってしまいますが、これは慣れです。

意外と人間の身体は頑丈です。

もちろん、触れるときにはこつとかがありますが、そういったことを経験しつつ学ぶことが簡単で頭に入る勉強方法だと思います。

受験の年になったら、過去問などを見て一度解いてみるのがいいでしょう。

 

試験内容はそこまで大幅に変わるわけではないので、過去問と似ている物も多いです。

また、ちょっとした歴史であったり、障害者支援の問題、制度がころころ変わるので新聞などを見ておくことも良いかと思います。

基本的に1ヶ月ぐらい前からちょっとずつ勉強をしていて、普通に仕事をしていたら合格します。

日頃のケアでどれだけ頭を柔らかくして、各方面から考えられているかが試験に影響されると思います。

【動画】介護福祉士国家試験、これがわかっていれば半分は解答できる!

【発表!2019年の注目脱毛サロン3選】
  【ストラッシュ】※「痛みが苦手」な方向け

タッチで見れます⇒⇒ストラッシュ公式キャンペーン  
  【ミュゼ・プラチナム】※「大手の安心感」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒ミュゼ・プラチナム公式キャンペーン  
  【キレイモ】※「予約の取りやすさ」を求める方向け

タッチで見れます⇒⇒KIREIMO公式キャンペーン

<スポンサーリンク>